人気ブログランキング | 話題のタグを見る

至福の時

至福の時_f0076731_20512762.jpg
昨日の朝はバームクーヘンで始まった。

至福の時_f0076731_20513349.jpg
不思議なフォンダンだ。
冷やすと美味しくないらしい。

室温で保存したが、
念のためレンジで5秒だけ加熱した。


至福の時_f0076731_20513987.jpg
初めて見る美味しいお菓子だ。
東京の才藤さんから届いた逸品だ。
至福の時_f0076731_20514564.jpg
流石に舌の肥えた才藤さんだ。

箱が五つ入っていて、
至福の時_f0076731_20515119.jpg
個包装されたバームクーヘンは、
至福の時_f0076731_20515684.jpg
既にカット済みで配りやすい。

とても美味しくいただきました。
ありがとうございます。

長野の大原さんに戴いた、
至福の時_f0076731_20520234.jpg
和菓子の詰め合わせから、
どら焼きをチョイスした。
至福の時_f0076731_21222727.jpg
お昼ご飯の後のデザートだ。

最近食べ比べが楽しくて、
思わず選んでしまった。
至福の時_f0076731_20520806.jpg
予想した通りしっとりと美味しい。

餡の濃さも刺激的で、
とてもバランスの良い味だった。

大原さん、
ありがとうございます。

名古屋の佐藤さんに戴いた、
両口屋のお菓子を封切った。
至福の時_f0076731_20521501.jpg
どちらも基本として同じ味だが、

至福の時_f0076731_20523144.jpg
こちらはゴマの歯触りがイイね。
至福の時_f0076731_20524532.jpg
ちょっと疲れた時に欲しくなる、
素朴な甘さがとても良い。

佐藤さん、
ありがとうございます。

京都の高橋さんに戴いた、
至福の時_f0076731_20525405.jpg
笑鬼最中を三時のおやつに食べた。
至福の時_f0076731_20525994.jpg
香ばしい最中の香りが漂う。

生菓子らしさが伝わる瞬間だ。
至福の時_f0076731_20530428.jpg
瑞々しい。
想像した以上の味だった。

高橋さん、
ありがとうございます。

気が付くと竹皮羊羹も切ってあった。
至福の時_f0076731_20531137.jpg
少し熟成したのか、
最初の時より瑞々しさでは劣るが、
味では勝ってる気がした。

優しい味の和菓子は、
至福の時_f0076731_20531672.jpg
まさに心の栄養だ。
吉村さん、
ありがとうございます。

夕方のひと時もお菓子で憩いの場を持った。
至福の時_f0076731_20532393.jpg
名古屋の磯部さんに戴いたエビ煎餅は、
至福の時_f0076731_20532894.jpg
旨味成分が溢れ出るような、
パリッと噛んだ瞬間に美味しさが弾け飛ぶフィーリングだ。

磯部さん、
ありがとうございます。

皆で美味しくいただきました。

こうなると、
止められない止まらない。
至福の時_f0076731_20533440.jpg
神奈川の常田さんに戴いた、
まめやのお菓子も封切った。

サービスフロントでは梅の味が封切られたので、
二階の事務所でもう一つのマヨネーズを味わった。
至福の時_f0076731_20534091.jpg
ダメだ。
あるだけ喰いたくなる。

表面から現れる旨味が凄い。
パリッと噛むとその歯ごたえと豆の甘さも交わって、
美味しさのあまり次々と口にした。

常田さん、
ありがとうございます。

付知の熊谷さんが完成車を受け取りに来訪された。
至福の時_f0076731_20534846.jpg
安全で優れた性能を維持するよう、
念入りに整備を施した。
至福の時_f0076731_20535440.jpg
素敵な陣中見舞いを戴いた。

付知のお菓子も美味しいので、
南陽軒は全国的な販路を持つ。

初めて見るお菓子だ。
至福の時_f0076731_20540136.jpg
食べるのが楽しみだ。

熊谷さん、
ありがとうございます。

木曽町三岳から上条さんがエアコンリフレッシュに来訪された。

至福の時_f0076731_20540948.jpg
愛機の冷媒を労わり、
末永く乗ることが出来るよう整えた。

陣中見舞いを戴いた。
至福の時_f0076731_20541409.jpg
添加剤と美味しそうなハッピーターンだ。

皆で楽しみに戴きます。
上条さん、
ありがとうございます。

だから、
昨日は絶対に泳ぐつもりだった。

誰が何を言おうとも、
必ず行く必要があった。
至福の時_f0076731_20541971.jpg
まあ、
この顔を見れば解るだろう。

愕然としたね。
至福の時_f0076731_20542579.jpg
絶対にターンを数え間違えてない。

もし数え間違えたとしても、
今度はこの記録は絶対に出ないタイムとなる。

単純に体の切れが悪くなったんだ。
至福の時_f0076731_20543159.jpg
体重に如実に出た。
前日より同じ条件下で増えてしまった。

家に帰って晩酌して、
酒量を抑え早めに眠った。

何しろ今朝は、
至福の時_f0076731_20544178.jpg
掃除の日だったからね。

七時半に全員集まり歩道清掃から始めた。

本日の重点課題は10時完了を目標とすることだ。
まず側道と歩道を清掃
次に第二展示場の斜面から雑草を除去
至福の時_f0076731_20544840.jpg
この場所はずっと昔からの土が露出した大事な宇宙だ。


至福の時_f0076731_20545505.jpg
おろそかにできない。


至福の時_f0076731_20550269.jpg
吉村君が早速道具を使って抜き始めた。

至福の時_f0076731_20550998.jpg
余る深追いするなと言った。

長いのだけ選んでとりあえず抑制しよう。


至福の時_f0076731_20551723.jpg
時間がいくらあっても足りなくなる。
次に、
抜いた草を堆肥場に運び発酵させる。
至福の時_f0076731_20552515.jpg
シートをめくった途端に、
ほわーっと熱気を感じた。
至福の時_f0076731_20553101.jpg
上に乗り草を積み重ねた。

その時、
堆肥の奥から物凄く良い匂いが立ち上った。

何というのだろう。
香ばしいんだ。

ご飯炊いた時のような感覚の、
草から立ち上る良い香りが、
この地の土壌菌と植物の大切さを感じさせた。
至福の時_f0076731_20553862.jpg
女性二人は並行して他の仕事を始めた。
ショールームのミニ観葉植物鉢植えを外に出し、
綺麗に葉の汚れを落とし剪定した。 


至福の時_f0076731_20554460.jpg
カイガラムシが憑りつき、
樹液を迸らせていた。

それを奇麗に拭き、
至福の時_f0076731_20555143.jpg
見栄えの悪い葉を切り落とす。

至福の時_f0076731_20555783.jpg
根気がいるけど放置できない。

周辺がベタベタになるので具合が悪いんだ。

何しろショールームの新築祝いで贈られて、
そろそろ30年になるからね。

次のステップに移行した。
至福の時_f0076731_20560363.jpg
床を徹底的に洗う。
至福の時_f0076731_20561133.jpg
黄砂にはいつも悩まされるけれど、
春の試練と割り切り、
良い掃除の機会を与えられたと受け止めよう。
至福の時_f0076731_20561755.jpg
環境負荷の少ない洗剤を選び、
床をブラシで洗う。


至福の時_f0076731_20562362.jpg
今日は洗剤を付けては擦る、
付けては擦るを繰り返したところ、
表面に付着した藻類が良くとれた。

茶色くなった洗剤の泡を、
至福の時_f0076731_20562950.jpg
高圧洗浄機で徹底的に洗い流した。

そしてクルマを並べ直した。
至福の時_f0076731_20563419.jpg
お気に入りのクルマをルミエールの前に於いた。

やっぱりスバルは正統派のセダンを、
きっちり作ってなんぼの会社だ。
至福の時_f0076731_20564172.jpg
奇跡の赤鰤が手に入ったので、
セダンの一番前に誇示した。

まだ1万キロ台と言う信じられない走行距離の、
逸品中の逸品だ。
至福の時_f0076731_20564709.jpg
第一展示場を迫力ある演出で仕上げると、
次に第二展示場を並べ替えた。

息子と二人で演出効果を考えながら、
並べ替えを進めた。

今日は10時前から来訪の予約があり、
その上納車式も10時から始まり、
商談予定もある忙しい一日だった。

至福の時_f0076731_20565412.jpg
並べ終え息子が備品を片付けるのを見て、
ヤレヤレと思わず一服したくなった。
至福の時_f0076731_20570196.jpg
コーヒーカーは清掃中だったけど、
冷やしておいたリンゴジュースを飲んだ。

先日見学に来訪された、
青森のお客様に戴いたお土産だ。

至福の時_f0076731_20570724.jpg
美味しくいただきました。

ありがとうございます。

この「濃厚味」バージョンは、
炭酸水で割ると美味さ倍増だな。

ありがとうございました。

いい雰囲気だったので、
思わず座りたくなった。
至福の時_f0076731_22111868.jpg
こうしてみると軽キャブに座っているようには見えず、
居酒屋感が漂うね。

コーヒーカーのステップに腰を掛けて、
この角度から展示車を見た時、
至福の時_f0076731_20571259.jpg
例えようのない至福感に襲われた。
クルマって最高だね。

洗って手入れして、
そのそばに座ってビール飲んだら、
それ以上の幸せ感は無い気がするな。

一家に一台、
マニュアルがあると、
きっと楽しいカーライフが生まれるよ。

心の底から感じた瞬間でもあった。

なぜかって、
それはね・・・。

右側のBLEが、
今日エンジンを掛けたクルマの中で、
始動した瞬間に最も「欲しい」と思わせたからさ。

それでは今日の動画を楽しんで欲しい。

また明日。

Commented by 浦山 at 2021-05-10 07:52 x
代田社長おはようございます。最後の写真、アングルがとても素敵ですね!4代目レガシィの
側面にうっとりします。「洗って手入れして、そのそばに座ってビール飲んだら、それ以上の幸せ感は無い気がするな。」まさに社長がおっしゃる通りですね!私も同感です。祖母の家に帰省した際は、手洗い洗車し放題の環境なので、愛機のBP5を手入れした後にビール片手に至福に浸っております…(笑)これから暑くなりますが、お身体ご自愛くださいませ。

Commented by b-faction at 2021-05-10 11:09
浦山さん、ありがとうございます。ちょっと一休みした時に偶然見つけた光景が、あまりに心地よく写真撮りました。良い環境に整えるとスバルのクルマは際立ちますね。
名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2021-05-08 22:17 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction