人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型フォレスターにブライトンが帰って来た

Brighton(ブライトン)は今からちょうど30年前に誕生した、
絶対に忘れられない新型グレードだ。

平成3年6月のビッグマイナーチェンジで、
レガシィシリーズに加わった。

それはセンスの良いクルマで、
大胆な色の提案に驚いた。

お客様にお土産を戴いた。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19040913.jpg
水だと仰ったので、
冷蔵庫の中をみて驚いた。

ガラスで出来た瓢箪に入ってる。

大きな紙袋には、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19041522.jpg
お菓子がいっぱい入っていた。

朝日軒の観音店と記された袋は、


ずっしりと重かった。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19042689.jpg
様々なお菓子の取り合わせの中で、

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19043163.jpg
紙袋に入った手焼きの煎餅が存在感を示した。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19042007.jpg
言うまでもなく「超美味」だ。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19194467.jpg
感謝と焼き印を入れ、
わざわざ届けて頂いた。

妹さんの嫁ぎ先が、
このお菓子屋さんだと仰った。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19045599.jpg
名古屋から竹内さんが来訪され、
素敵なお菓子と共に、
素敵なお酒を戴いた。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19043870.jpg
袋ごと入っていたが、
見ただけで水じゃないとすぐ分かった。

純米吟醸「日高見」は初めて見るお酒だ。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19044305.jpg
グッと蓋を引っ張ると、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19044934.jpg
中からステキな瓶が現れた。

竹内さん、
本当にありがとうございます。

大切に戴きます。

桜が散り紫色のサクランボが実り、
鳥たちが狂乱している。

花が散り始めた頃の写真が出てきた。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19050128.jpg
その場所に望桜荘の前庭から取り除いた苔を移植したのは、
二か月以上前の4月初旬だ。


新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19051570.jpg
無造作に積んだ苔を、
適切に置いたことで、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19052199.jpg
徐々に苔むした場所になりつつある。


新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19052849.jpg
雨が降ると水が溜まり易いが、
苔の吸収力で安定化が続く。


新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19053421.jpg
これはSABの裏にある花壇の苔を移植した場所だ。

若草の緑と、
苔の緑のグラデーションが優しい。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19054066.jpg
一見綺麗な若草色だが、
コイツは厄介な存在だ。

スギナの地下茎がはびこるので、
ちょっとくらい抜いてもすぐご覧の通りになる。

イベント前に完全除去し、
ナデシコの育成を加速させる。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19054731.jpg
くらづくり本舗からお知らせが届いた。

市川さんからお土産を頂いた際に、
アンケートに回答を求められたので、
感じたままを書いて送った。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19055325.jpg
するとすぐに礼状が届き、
そこにカタログも添えられていた。

今度はお中元の案内も兼ねたDMだが、
良い味のお菓子を作るお店なので紹介したい。

美味しいお菓子を健康に食べるために、
きちんとした食生活を送る。


まずそのために深夜の運動を止めることにした。

ご心配をおかけしましたが、
ジムをやめるだけでは意味が無いので、
まず健康の状態を調べに行った。


ワクチン接種が始まり、
中津川市の開業医も大忙しだ。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19090609.jpg
その合間に診察を受けた。

血圧は正常だった。
お弁当を食べ終え、
その2時間半後に医院を訪れた。

先に検尿から始めた。

やっぱり少しだが糖が出ていた。

プラス2の判定なので、
しっかりと習慣を変え乗り切る。

まず自己管理の手始めとして、
昨日から朝食をとって出勤するよう習慣を改めた。

そして、
なるべくその後で運動するよう、
この後の生活をガラリと変えていく。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19091318.jpg
糖尿病を予防するため、
そのストラテジー構築に役立つ血液検査をお願いした。

今の状態なら、
しっかりと丁寧に食事を摂ればよいと言う。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19091999.jpg
ようし!
泳ぐ代わりにまた歩くぞ。

その楽しい方法を考えている。

さあ、
漸く解禁になった。

新型フォレスターはグリーンが素敵だ。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19092420.jpg
初代レガシィがデビューした頃、
赤いクルマの人気は低かった。

デビューから二年後の平成三年に、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19092921.jpg
戦略車ブライトンが投入された。

4カム16バルブの出力オリエンテッドなVZでは、
上質感を狙う顧客に対応できなかった。

排気系から出る独特の「ゲー」音が、
伸びのあるエンジン特性をネガに振った。

テン八のTiでは物足りない。

そこに英国風ツイード感のあるシートを持ち、
シックなエクステリアのBrightonga颯爽と現れた。

注目すべきはボディカラーで、
深い色味を持つレッドと、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_19093600.jpg
とてもお洒落な光沢のある深緑が、
センスの良いフューチャーカスタマーを引き寄せた。

2リットルのSOHCにしたことで、
上質な仕上がりの割に価格も220万円台と安かった。

新型フォレスターの最上級モデルは、
ナパレザーのシートを採用し、
前のモデルより2万円高に抑えられた。

毎度おなじみのルーフレールとサンルーフを共着しても、
税抜き本体価格は322万円とお値打ちだ。
何しろその二つでオプション価格たったの10万円だ。

カスケードグリーンシリカの、
フォレスターBrightonを、
是非注目して欲しい。

ちなみにX-BREAKは、
サンルーフも革シートも持たないが、
それ以外ほぼ同等のMOPで304万円だ。
たった18万円の差なんだ。

アウトバックのストラテジーでは甘かったな。
もっとアグレッシブに働きなさい。

新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_20141041.jpg
相変わらずユトリの仕事だ。

キャリーオーバーの鉄板カラーと組み合わせ、
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_20141518.jpg
外さない努力だけは万全だが、
こんな新色の扱いでは売れる物も売れないな。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_20142049.jpg
端っこにちょろりと、
しかもベーシックグレードと組み合わせている。

これはねぇ、
新色なんだよ。

眼の肥えた日本人には刺さる色だ。
新型フォレスターにブライトンが帰って来た_f0076731_20142521.jpg
「安いと言うな」という割には、
安直なリリースだよ。

ユトリ達、
もっと自信を持ちなさい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-06-14 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction