人気ブログランキング | 話題のタグを見る

幸せのインプレッサ

幸せのインプレッサ_f0076731_19323493.jpg
京都府の福知山から、
落合さんがオイル交換に来訪された。

人気の生八つ橋と水出し緑茶を頂戴した。

お礼が遅くなり、
大変失礼しました。
いらっしゃったのは先月の25日だったが、
どういう訳かお目に掛かることが出来なかった。

お茶は大事に飲ませていただくつもりだけど、
生八つ橋は日持ちしないお菓子なので、
社員全員で分け合ってもらった。

なぜ時間に余裕がなかったのか。
改めて振り返る。

幸せのインプレッサ_f0076731_19324096.jpg
陸斗君と暮らし始めて、
毎日が本当に楽しい。
平均睡眠時間は減ったけど、
ハンドリングが素晴らしい。

共に過ごす時間も増えた。

25日にかわら版の原稿を構成したので、
時間に余裕がなかったのか?
いや違う。
それだけじゃなかった。

前日の24日の夜から、
陸斗が排便しなくなり、
とても心配した。

元はと言えば、
飼い主がその日の朝、
寝過ごしてしまったからだ。

気が付いたら5時だった。

慌ててケージを開けたけど、
その中で排便させてしまった。

これが原因だと推察できる。

シェパは綺麗好きなので、
自分で後始末して、
「無かったこと」にしてしまう。

食糞の癖を付けたくない。
けれど、
一度狂ったリズムは、
なかなか元に戻らない。

翌25日の朝もウンチが出なかった。

ギリギリ6時30分まで付き合ったが、
諦めてケージに入れた。

その後10時ごろに排便したようだ。

11時35分に帰り、
ケージから引っ張り上げて、
「カズダンス」を防いだ。

そしてケージの中を掃除して、
一緒にご飯食べた。

すると、
順番は「食べて出す」逆のパターンになったけ、
何とか昼の排便は終わった。

綺麗に体を拭いて、
13:30にハウス!

そして身支度して、
会社に戻ったの。
どうしても、
2時間必要になる。

なので、
来訪された落合さんとすれ違った。

「育犬でみんなの脚を引っ張るけど、
その分を他で返すので、
暫くサポート頼みます」と朝礼で皆にお願いした。

その日の夜もリズムが戻り、
水飲んで、
遊んで、
オシッコして、
ウンチしたら、
「ご飯!」のリズムが戻った。
体拭く、
ハウス、
と順調に一日を終えた。
幸せのインプレッサ_f0076731_19324555.jpg
その翌日は東京出張だった。

早いね。
もう八月も一週間が過ぎようとしている。

望桜荘の近くの斜面が、
またドクダミで覆われ始めた。

この成長力はまるで陸斗のようだ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19325041.jpg
少し間引きしてバランスを整えた。
放置すると手が付けられなくなる。

幸せのインプレッサ_f0076731_19325593.jpg
手が付けられなくなる限界点だった。
昭和59年にスポーツ走行した記念バッジが、
そのままグリルに残してある。

あの頃も暑い夏だった。

幸せのインプレッサ_f0076731_19330170.jpg
これが正式名称だ。

スバル1000でスタートし、
毎回ビッグマイナーチェンジで排気量を増やすと言う、
今では考えられない壮絶な性能競争を繰り広げた。

1100ccになった時に、
ff-1と命名され、
強烈な黄色いスポーツセダンが現れた。

そして厳つい顔と、
コンテンポラリーなインストルメントパネルを持つ、
1300Gにマイナーチェンジした。

ff-1のサブネームが1300Gだったけど、
とっくにff-1は廃れてしまって「センサンジー」が愛称になった。
けど、
シート素材はビニールレザーが当たり前で、
一部にトリコットをあしらうだけでスーパーデラックスになった時代だ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19330700.jpg
だから、
モケットなんて夢のまた夢だった。

米阪さん、
ありがとうございます。
野望がかないました。

ドアの奥を見ると、
ガラスの上げ下ろし用のハンドルが折れている。

3Dプリンターで再生できる時代だが、
幸せのインプレッサ_f0076731_19331253.jpg
その当てもなく困っていた。
幸せのインプレッサ_f0076731_19331779.jpg
折れた部品は手元にある。
幸せのインプレッサ_f0076731_19332391.jpg
強度計算してるけど、
やはり樹脂では限界がある。

そっと戻すと、
幸せのインプレッサ_f0076731_19333103.jpg
ピタリと合致するので、
ゴリラボンドでくっつけようかと思案した。
すると、
幸せのインプレッサ_f0076731_19333804.jpg
課長が詳しく見て「これは違う部品だ」と断言した。


幸せのインプレッサ_f0076731_19334379.jpg
加工して無理に付けた形跡があると言う。
更に、
中古部品コーナーに使える部品があると言うでは無いか。

まさかと思った。

フロントのハンドルはアルミ製だ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19334837.jpg
だから、
同じものが付いていたはずだと言う。

ここからが見どころだ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19335530.jpg
確かに中古部品コーナーに、
似たような樹脂製のレギュレターハンドルがあった。

手際よく細工して、
幸せのインプレッサ_f0076731_19340192.jpg
あらららら。
反対側も取り外し、
後席は見事にリカバーされた。

何の部品かいまだに謎だが、
スバル同士なので応用がきいたのだ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19340656.jpg
広島の植敷さんに戴いた、
もみじ饅頭を封切った。


幸せのインプレッサ_f0076731_19341322.jpg
これも素朴な味がして、
大好きなお菓子だ。
幸せのインプレッサ_f0076731_19341865.jpg
ありがとうございます。
幸せのインプレッサ_f0076731_19342434.jpg
とても美味しくいただきました。
皆さんから心の栄養を戴き、
毎日元気よく過ごせます。
幸せのインプレッサ_f0076731_19343031.jpg
陸斗君がこの世に生まれてから、
百日が過ぎた。

インプレッサWRXのRAーRを彷彿させる、
コイツは最高の相棒だ。

母親のルナに会えたのも良かった。
そっくりな毛艶で性格も人懐こい。
幸せのインプレッサ_f0076731_19343663.jpg
マザーモデルが優れていると、
後から生まれる子も優れる。

最初から相性が良かった。
幸せのインプレッサ_f0076731_19344284.jpg
それはこのクルマにも言える事なんだ。

解るよね、
これに乗る人ならジンジン来るはずだ。

それでは、
今日も動画を楽しんで欲しい。


Commented by 中島 光 at 2021-08-07 14:39 x
1300G、まもなくの様ですね!。1000シリーズはまさにスバル車の原点ですね。注ぎ込まれた基幹技術は、当時の大衆量産車としては、全く別の次元に存在していたと思います。・・・あのエキゾーストの取り回しは、流石というか、やりすぎかと(笑) 飛行機に通じる、軽さと効率の高さは、社長がおっしゃる通り、インプレッサのシンプルグレードが一番継承していると思います。・・・GP型はしばらく借りて乗っていて、非常に良かった記憶があります。
Commented by b-faction at 2021-08-07 19:53
中島 光さん、はい!いよいよです。お楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-08-06 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction