人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19375932.jpg
良い宿だ。

お湯が素晴らしい。

久しぶりにゆっくりと塩湯に浸かり、
体の疲れを抜き取った。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19380625.jpg
こうした家族経営の旅館は、
ラグジュアリーな宿と一線を画す。

その価値は実に大きく、
まるで文化財に匹敵する。

SUBARUはラグジュアリーカーを作るブランドでは無い。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19381173.jpg
けれども全てのプロダクトから、
それ以上の文化財的価値を匂わす。

予想通り、
素のRはとても良かった。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19381750.jpg
先日テストしたSグレードには、
空力パーツが満載され、
更にラグジュアリーな雰囲気を持っていた。

こちらも良い。

やはりスポーツカーには華が欲しい。

日本の国情ではアウトバーンに匹敵する走りは許されず、
走れたとしても短いサーキットのまっ平らな路面だ。

そのレベルなので、
一般市販のエアロも問題なく使える。

ただし、
本場の高速道路を走ったら、
安定するどころか、
恐怖を覚えるエアロがほとんどだ。

カッコ良さだけを優先したクルマには、
デザインとバーターしたネガを持つからねえ。

この辺りは、
若い人には少し理解が難しいかもしれない。

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19382212.jpg
結論からすると、
あらゆる点で青いクルマよりこちらが勝る。

ただし、
青いデモカーは好き放題に2000kmも乗り回され、
フロントスポイラーには少しぶつけた跡があった。

リフトアップして確認したところ、
安全性には全く問題が無いけど、
超高速領域では悪戯する可能性もある。

以前のBRZもそうだったけど、
実際に乗り比べた結果、
ごちゃごちゃ付けない「素の方」が、
より高性能だと感じた。

例えばこのデイライナーは、
最初から好きになれなかった。


ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19382827.jpg

赤のRに取り付ける気持ちは無かったが、
実際に乗り比べても、
余程欲しい人以外は不要な部品だ。

考えようによっては、

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19383387.jpg
これらは空力の上で、
全てネガティブに働くだろう。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19383974.jpg
勘違いして欲しくないのは、
日本の交通環境やサーキットでは問題にならない。

ただし、
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19384508.jpg
ドイツの交通環境においては、
とても熟成したとパーツとは言い切れない。

あくまでもデザインパーツで、
価格相応だと理解した方が良い。

ただし、
まだ試していないが、
スワンネックのSTIリヤスポイラーだけは、
出来が違うはずだ。

なぜなら、
平岡社長が「凄い」と言い切ったからだ。

つまり、
あそこ迄やらないと、
ホンキで効くエアロにならないのだろう。

もし付けるなら、
一点豪華主義でカーボンリヤスポイラーのみに絞る方が良い。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19385236.jpg
あとは無くても空力面では影響がない。

カッコ良さには価値観の差があるので、
これらが好きな人は、
迷わずドーンとドレスアップするとよい。

両方見て、
是非購入時の参考にして欲しい。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19385750.jpg
そもそも、
この赤が痺れるほど好きなので、
一般のヒトとはかなり感性に差があるかもしれない。

さて、
利便性を確認しよう。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19390241.jpg
手放せないのはアイスボックスだ。

コールマンのこのサイズが安くて好きだ。
ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19390886.jpg
立てては載らないけど、
倒せばこの通り。


ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19391340.jpg
かなり余裕がある。
そしてリヤシートを畳めば、
広い空間が出来ると同時に、
リヤシートの座面とバックレストの間に、
高性能カメラをスッポリ入れる空間が出来る。

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_19415644.jpg
ただし、
お魚などを購入すると、
このように入れることはできないので、
帰りはカメラを助手席の背もたれに後ろ向きに吊るし、
アイスボックスをシートベルトで固定して積んでみた。

それで十分だ。

売れ残ったのか、
ピンク色のアイスボックスは大特価だった。

他の色には似合わないけど、
イグニッションレッドには相性が良い。

ラグジュアリーでは無いホンモノが好き_f0076731_20095130.jpg
へへへへへと、
BRZが笑ってるね。

良い顔してる。

さあ、
動画を紹介しよう。

明日もお楽しみに。

Commented by 中島 光 at 2021-08-26 23:25 x
やっぱり映える赤ですね!曇り空のフラット光が、”特別な赤”の表情をよく捉えています。 ウィンドスクリーン越しに見える、赤いボンネット&盛り上ったフェンダーは、まさにピュアスポーツです!。(音も最高です)
Commented by hiroron8603180 at 2021-08-26 23:33
大変ご無沙汰しております。
さいたま市の市川と申します。
本当に久々にコメント致します。
新型BRZの赤は、大人のココロにボッと火を入れるような色ですね。
これぞまさに、イグニッションだと思います。
東洋工業の今の十八番はソウルレッドですが、あちらは“セクシー”。
スバルのイグニッションレッドは、“パッション”を強く感じます。ほとばしる感じですね。
塩湯荘さんのハイカラな赤い橋と、素晴らしく似合うニューBRZ。
今日も元気を頂きました。ありがとうございました。
Commented by BLUE BOXER at 2021-08-27 08:11 x
エクステリアはいいのだが、2枚目の写真ドアの内側が素っ気ない。
色気が全く感じられないと思いませんか?
Commented by b-faction at 2021-08-27 11:37
全くそんなことは無いですよ。
Commented by 村岡大輔 at 2021-08-28 21:52 x
2019年末頃、VAB購入検討時にYouTubeを拝見してから、日々楽しませていただいている村岡と申します。

動画でコメントされていたアクセルですが、私も試乗の際、ブリッピング時にアクセル開度不足を感じました。
社長は位置と言われていましたが、私はトヨタ車特有のアクセル開度(前半はあまり開かない)に近いのかな?と思いました。

今後、どの様に好みに合わせていかれるのか含め、楽しみにしています。
Commented by b-faction at 2021-08-29 10:21
村岡大輔さん、おはようございます。スロットルの感度はSUBARUの他のクルマより秀逸です。位置については、社内で規定があるのだと思います。S402に乗ると違いが分かります。そうした部分もあまりはっきり書けないですがSTIコンプリートの魅力です。
Commented by 村岡大輔 at 2021-08-29 23:29 x
代田社長、ご返信ありがとうございます。
2~3kmの試乗でしたので、認識違いご容赦ください。

本日、再度地元の千葉スバルでATのRに試乗しましたが、シートは社長の言われたとおり、前回試乗したMTのSより好感触でした。

別件ですが、VABの脚については、社長コメントと同じネガの要素を感じています。
新たに用意されたSTIのショックについて、いずれ試していただける日を期待しております。
Commented by b-faction at 2021-08-30 10:15
村岡さん、機会があればRA-Rに取り付けてみたいです。きっと良い仕上がりだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-08-26 22:00 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction