人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型WRXの成長する機能美を語ろう

新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17070209.jpg
神奈川の中原さんが、
東京オリンピックのオフィシャルカードライバーとして活躍された。

中津川のイメージをPRする観光バスも、
大会関係車両として輸送任務に励んだようだ。

貴重な写真をありがとうございました。

東京の至る所で目にしたオフィシャルカーが、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17070945.jpg
早速あちこちで発売されている。

オリンピックに関わった人たちには、
きっと良い思い出になるだろう。

スバルもかつて長野冬季オリンピックで活躍した、
各国スキーチームのオフィシャルカーを、
確か一般公募で売りさばいたはずだ。

当時は今ほどコンプラが行き届かず、
ちゃっかりとJapanチームのオフィシャルカーを、
忖度で入手したヒョウロンカが居たな。

そう言うものは目に付く。

やがてそのクルマが、
西関東のスバル関連の某所で、
ひっそりと塩漬けにされているのを見た。

金の臭いがプンプンしたね。

そんなヒョウロンカとは付き合わない。

結局、
そういう体質は今も残るので、
何かと胡散臭い話が滲み出る。

派手な世界には、
日向と日影が明確に現れるね。

でもそんな事は、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17071440.jpg
WRCの世界では、
もっと日常茶飯事だった。

何しろ、
WRCのツアーコンダクターさえ、
陰でアルバイトしてたからな。

オフィシャルグッズと言うものは、
マニアにとって垂涎の的だ。

そんな頃が懐かしいね。

今ギャラリーにはGDAが「つがい」で並んでいる。

ぺターの優勝記念車は、
二代目WRXの愛好者には堪らない魅力があるはずだ。

それを、
面白い飼い方で後世に残せるオーナーに、
ぜひ守り抜いてもらいたいと心から願う。

そのエッセンスを持つワゴンは、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17071946.jpg
まさにレヴォーグの祖先そのものだ。

内装もピカピカに蘇らせて、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17072544.jpg
この時代のクルマを、
今でもこよなく愛する人に眺めてもらう。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17073110.jpg
このクルマにも、
影武者が居る(笑)

全くの素のインプレッサワゴンなんだけど、
ラリーブルーをまとったテンゴの5速マニュアルだ。

こうしたクルマを、
楽しみながら乗るのも悪くない。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17073645.jpg
このGGAは対向ピストンの赤キャリパーを前後に持ち、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17074397.jpg
顔つきも精悍だ。

犬顔のスバルはステキだよね。

このGGAと、
このレガシィが融合して、
最新のV系と呼ばれるシリーズに繋がっている。

新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17075657.jpg
このプレミアムなツーリングワゴンは、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17080454.jpg
先進安全性能をフル装備していた。

現在のアイサイトよりも進んでいるのは、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17081094.jpg
ステレオカメラだけでなく、


新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17081671.jpg
ミリ波レーダー迄装備させたことだ。

時代の流れを感じるが、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17082239.jpg
こうしたトライアンドエラーがクルマを育てる。

まだADAと呼ばれたプリクッラシュセイフティは、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17082845.jpg
現在のアイサイトEXに繋がるけど、
こうしたことを振り返ると、
レーダー与えたスバルの機能はまだ相当伸びしろがある。

値段を高く設定すれば、
何でも自由に作れるけど、
それでは世の中に広がらない。

ミリ波レーダーを取り除き、
お客様から10万円だけ頂く戦略が、
アイサイトを成功させた一番の理由だ。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17083487.jpg
そしてこのプレミアム性能に追いつけなかった部分を、
まず日本国内で新型レヴォーグのSTI sportが見事に払拭した。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17084884.jpg
この当時、
既にスバルはnaviの標準装備を推進したが、
汎用性と移行性、
そして価格がネックになり世の中に広がらなかった。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17134370.jpg
その経験を活かして、
非常に競争力のあるEXに煮詰めた。

プレミアムなエンジンは、
先に米国の多人数モデル用の3.6リットルと置き換えられ、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17074934.jpg
それが別のチューニングを受け、
ハイパフォーマンスカーにも降りてきた。

WRXはアセントとは違う性能に磨かれた、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17133786.jpg
最新のターボエンジンを搭載する。

さて、
今回の目玉はカラー戦略だ。

インプレッサのアクティブオレンジ・パールに始まり、
二代目XVのタンジェリンオレンジ・パールで花を開いた。

ここで更に上を目指し、
三代目XVでソリッドオレンジに挑戦した。

それが廃色になったサンシャインオレンジだ。

良い色なのに、
なぜ廃色になったのか。

それはパールに比べ、
鮮映性が思ったほど高まらなかったことだろう。

明るく快活な色は、
クルマにとって必須だが、
量産工程にはそぐわない悩みを持つ。

イグニッションレッドのように、
気合入れて5万円もらうつもりで作ればよいが、
標準色だと失敗が怖い。

コスト高を増長するので、
売れなければ元も子もない。

パールを混ぜれば色が透けるのをカバーできる。

立て続けにパールのオレンジを出したけど、
このブログで滲んでるとか曇ってるとか書かれたら、
彼等にもプライドがある。

三度目の正直でソリッドを出したけど、
有料色では無いので2コートだった。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17135306.jpg
そこで、
新型BRZを追うように、
彼等は新たな色の提案をしてきた。

それが新規開発色「ソーラーオレンジ」だ。

今年のスバルは色に執念を燃やしているようだ。

スポーツ系のクルマにとって、
鮮烈なボディカラーは動力性能に匹敵する基幹性能だ。

BRZの赤に続き、
WRXでは伝統のオレンジを再開発した。

XVのオレンジの比では無い、
よりオレンジなスポーツカラーだ。

その鮮映性に大きな期待を抱く理由は、
イグニッションレッドの鮮やかさを見たからだ。

その開発で得た知見を、
もはや世界における看板としてのWRXに、
活かさないはずは無い。

少しパールを入れ、
ソリッドに見せながら鮮やかさを補う手法は、
フォレスターのカスケードグリーンで実用化されている。

明日はカスケードグリーンの実物をご覧に入れよう。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17135832.jpg
新色の観点から俯瞰すると、
このサファイヤブルーも鮮やかだ。

見よ!
現れたスタイリッシュなラインを。

こうして考えると、
チャールサイトイエローに酷似した、
レモンイエローの開発が、
有料化しなくても可能になった可能性もある。

オレンジやイエローには、
黒のクラッディングと相乗効果を生む働きがある。

今回のWRXでは、
更にそれが明確になった。

そして、
シボには大きな秘密が隠されている。

既にBRZで実用化された、
空力シボを思い出すが良い。

新型BRZをよく見ると、
Fエアダクト外部に水平から20度の角度でシボ施工が見られる。

これで直進性と転蛇応答性、
それにリアリフトまで向上させているのだ。

シボはサメ肌とも言い換えられる。

そう。

あのサメ肌だ。

WRXがニュルブルクリンク24時間レースに参戦する中で掴んだ、
塗装の一部をサメ肌にする知見だ。

量産車の塗装をサメ肌にはできない。

だから新型WRXのエクステリアには、
サメ肌を施工したクラッディングが与えられた。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17140431.jpg
しかもBRZのサメ肌とは違う。

新型WRXにはヘキサゴン柄の「空力テクスチャー」が採用された。
整流効果が大きいからサイドガーニッシュを取り付けたのだ。

新しいトレンドはSUBARUから生まれる。
BRZは見るからにサメ肌柄なのに、
WRXの空力テクスチャーはなぜ上の画像のように異なるのか。

それはWRXははヘキサゴン柄を使っているからだ。

SUBARUは2つの車種で違う柄を使い分けている。

ここにも他社にはない先進性を感じる。

その理由はBRZでは2次曲面に空力テクスチャーを使ったからだ。

それに対してWRXの複雑な造形だと、
サメ肌では空力に不都合な方向性が生じる。
ヘキサゴンならば、
どんな向きでも空力効果がある。

この地道な研究はSUBARUの空力部門だけでなく、
航空宇宙部門を巻き込んだ開発となった。

エアロスペースのプレジデントが、
高い柔軟性を持つ人物だからに違いない。

機能美が高性能に繋がる証明なのだ。

実は既に新型レヴォーグでも、
見えない部分に同じ空力テクスチャーが採用されている。

「見えない部分」がヒントだ。

新型レヴォーグのオーナーは、
是非一足早くその秘密に迫って欲しい。

さあ、
間もなく現れるだろう。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17141099.jpg
新型WRXの凄さを、
街中を走る姿を想像しながら、
しっかりと感じ取って欲しい。

最近では、
我々SUBARUショップを蚊帳の外に出し、
全くと言って良いほど商品説明をしようとしない。

今回も独学で研究して解を読み取った。

SUBARUの営業本部からは、
一切の情報提供を得ていない。

それでいいんだ。

余計なおせっかいを焼かれずに済む。

人間、
死ぬまで勉強が大切だ。
際限なく成長する、
それがヒトの宿命なのさ。

念のため、
明記しておく。

さて、
真っ白のSport#乗ったせいか、

真っ黒なRA-Rにどうしても乗りたくなった。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_18014473.jpg
今日の動画も意欲作だ。

文面に表し切れない部分を、
動画から読み取って欲しい。

機能美は成長する。

成長しなかったら困る。

七月七日の七夕の日の陸斗だ。
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17141810.jpg
我が家に来て丁度一週間っだった。

あどけないバブちゃんだったが、
みるみる成長して今日もアップデートした。

昨日は横たわって実力行使した。

あんなに簡単に抱かれてたのに、
新型WRXの成長する機能美を語ろう_f0076731_17142551.jpg
今日は抱かれたくないと抵抗する。

首輪もってお尻を右手で持ち上げたら、
グルルルルと一人前の声で唸りやがった。

手ではなく腕を甘噛みして抵抗の意を示す。

すっかりやん茶坊主だが、
成長の様子も著しい。

体の能力全体が容量アップしてるので、
随分我慢することが可能になった。

大切に育てて、
しっかり手伝ってもらおう。

それでは、
明日もお楽しみに。

Commented by 中原 at 2021-09-14 01:19 x
 社長掲載ありがとうございます。

活動中は必死でしたが、今となっては少しその熱も冷めてきました。
なかなか無い経験だったのと、大会関係者車両というのは競技会場や関連施設での特別感
というのを改めて思い出します。

パラリンピックも閉幕して1週間が過ぎ、少しずつそして確実に街並みの特別感も
現実に戻るのを見ると、一抹の寂しさが感じられるのはボクだけでしょうか?
そうは言っても月日は確実に時を重ね、話題をさらったオフィシャルカーも
過去のものとなるのでしょう。
とはいえ、苦楽を共にした車両たちですし、愛情をこめて洗車してからの乗務をしていましたので
幸せな余生を送ってほしいなと思っています。

開催までにいろんな世相の反対意見に翻弄されていましたが、主役となる選手はこのTOKYO2020
に照準を合わせ、1年延期となりましたが練習を重ねてきた。ボクはボランティアの立場ですが、
この役割を確実に果たそうとDEで学んだことを日々の車通勤で実践してきた。
ホント思うんですけど、DEで学んだステアリング、ブレーキ操作ってタイヤに
優しいんですよね。去年の7月にタイヤ交換をお願いして早14000kmほど走りましたが
タイヤのトレッドに荒れた様子が無いんですよ。


Commented by b-faction at 2021-09-14 17:37
中原さん、こんにちは。お疲れさまでした。多分プリウスのミニカーで作っちゃうんじゃないかと予想してます。最近は思うようにDEも出来ませんが、次はBプランをよろしければ。
Commented by 中原 at 2021-09-14 21:27 x
ああ、その手がありましたね(笑)このところ、ミニカーは全く手を付けていません・・・。

そうですね、そう言えば、オフィシャルグッズにミニカーは無かったので販売していくれれば
いいのにと思います。

Bプランは受講してみたいですね。もう少しコロナ禍が過ぎ去るのを待ってからでお願いします。
Commented by b-faction at 2021-09-16 14:34
中原さん、お待ちしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-09-13 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31