人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鉄が大好き

これが「あの」味噌おでんだ。
鉄が大好き_f0076731_18260849.jpg
中津の居酒屋と言えば「源八」に尽きる。

火曜日の夜、
無性に食べたくなったので、
陸斗の散歩のついでにテイクアウトをお願いした。

カウンターは満席だった。

鉄が大好き_f0076731_18261347.jpg
持ち帰って温め直しハフハフと食べた。

厚揚げに良く味が染み込み、
最高の出来だった。

そして水曜日を迎え、
いつもより少し遅く起きて散歩に行った。

それが昨日のブログのスタートだ。
鉄が大好き_f0076731_18261946.jpg
散歩から戻ると、
すぐ陸斗は異変に気が付き興味深そうに近づく。

ひひひ!
鉄が大好き_f0076731_18262694.jpg
お前のためだぜ。
嬉しいだろ。
木より噛み応えがあるぜ。


鉄が大好き_f0076731_18264335.jpg
早速匂いを嗅ぎに行こうとしたが、
邪魔くさいのでトラックに繋いでおいた。

目的を伝えてあるので打ち合わせする必要も無いが、
灯油タンクの脚を補剛して欲しかったので、
鉄が大好き_f0076731_18542698.jpg
そこを見てもらっている間に、
八つ当たりで穴を掘りやがった。

とにかく穴掘りが大好きだ。

御飯を食べさせ、
ウンチをさせてリードを外し、
綺麗に拭いてケージに戻したら、
既に10時半を回っていた。
鉄が大好き_f0076731_18264833.jpg
そこから野外作業が待ってるので、
緑を眺めながらブランチを楽しんだ。
鉄が大好き_f0076731_18265315.jpg
やっぱり炊き立てのご飯のおにぎりは旨い。


鉄が大好き_f0076731_18265977.jpg
しっかり食べて絵エネルギー満タンだ。

今年は栗が豊作で、
鉄が大好き_f0076731_18270441.jpg
この辺りに沢山落ちた。
美味しいけど拾った後のイガの処理が大変だ。

激しい風が吹いたので、
倒木も目立ち落ちてきた。

刻むのにチェンソーを使った。
それにしても、
久しぶりにエンジン掛けたけど、
使い古された内燃機は強いね。

一発とはいかなかったが、
癖さえ見抜けば簡単だった。

それ等を片付けている間に、
鉄が大好き_f0076731_18270910.jpg
鉄壁の作戦が順調に進んだ。
鉄が大好き_f0076731_18271476.jpg
プロの道具を見ると、
こころが自然に和む。


鉄が大好き_f0076731_18272124.jpg
いわゆる「安堵感」だ。

不器用だと自覚してるので、
プランは出すが手は出さない。
鉄が大好き_f0076731_18272773.jpg
プロの知見を尊重し、
良い知恵を授けていただく。


鉄が大好き_f0076731_18273255.jpg
素人とプロには根本的な差があるので、


鉄が大好き_f0076731_18273751.jpg
その差を見る事が嬉しい。
鉄が大好き_f0076731_18274614.jpg
どのような目的で、
何を優先しどんな世界にするのか伝えるだけで、
具現化してもらえるパートナーの存在が嬉しくもある。

中津スバルに来ると、
むき出しの鉄骨にアルシオーネが吊られたりするのも、
アイディアに対するプロの答えだ。
鉄が大好き_f0076731_18275965.jpg
パートナーも「鉄が大好き」と言われて、
嬉しくないわけが無い。


鉄が大好き_f0076731_18281301.jpg
レベルの取り方も絶妙で、
この後のモルタル仕上げにこだわりを感じる。


鉄が大好き_f0076731_18282451.jpg
40kgになる予定の陸斗が、
ドンと当たっても動かない様に、
確実な補剛を進めて戴いた。
溶接したばかりの赤い色が生命を感じさせる。
鉄が大好き_f0076731_18283119.jpg
概ね形が整って、
鉄が大好き_f0076731_19465351.jpg
残るのは外したアルミドアの移設だけになった。

こんな風にお迎えされると、
鉄が大好き_f0076731_18290588.jpg
本当にうれしさで胸が熱くなる。
急ごしらえでも有効的に機能していたが、
さすがにもう限界だった。
鉄が大好き_f0076731_18291327.jpg
ブロックを置いて凌いでいた場所を、
コンクリートを打ち直して増床し、

鉄が大好き_f0076731_18293913.jpg
大好きな鉄で覆った。

鉄はヒトと相性が良い。

というよりも、
ヘモグロビンを持つもの全てと相性が良い気がする。

その証拠に、
中津スバルの環境下において、
鉄の太い柱のある所と、
アルミパネルで囲われた空間を比較してみた。

圧倒的に鉄の方が仕事に集中できる。

B-factionは見せる空間であり、
原稿を作ったりイメージを膨らませる場所では無い。

なのでカッコ良いアルミパネルの内装が似合う。

ところが、
あの部屋で良い文章は生まれない。
かわら版の原稿づくりにも向かない。

肌で感じる。
鉄とアルミの差を。

順調に作業が終わり、
スキップしそうになった動画撮影に出かけた。
鉄が大好き_f0076731_18284085.jpg
息子が丁寧に慣らしをしてるので、
どんな状態なのか味見したくなった。


鉄が大好き_f0076731_18285619.jpg
給油して出発だ。


良い仕上がりだ。
今後を楽しみにして欲しい。

肉体労働の後だし、
ずっと忙しい日が続いていたので、
どうしても源八に行きたくなった。

おでんショックで源八の文字が脳内から消えない。

開店を見計らい、
5時半過ぎに電話すると、
「ごめーん、満席になっちゃった」
マスターの申し訳なさそうな声が聞こえた。

さすがだね。
陸斗が待ってるので、
一回転するまで待てない。

源八はお預けにして、
他のなじみの店を当たった。

こちらも良質な肴を出す。
鉄が大好き_f0076731_18294679.jpg
ビールの継ぎ方も非常に正統派だ。
これならドイツでも通用する。

これは中津でも秀逸だと言える。
正直な店だ。
鉄が大好き_f0076731_18300302.jpg
その日のメニューを見ると、
ヤリイカが美味そうだった。

味はギリギリ合格点だ。

鮮度もここまでが限界だろう。

理由が分かった。

次に入って来た客が注文したら、
「申し訳ありません、売り切れです」

最後のヤリイカだった。

食べられてよかった。

だけど、
もしこれが源八なら、
たとえネタケースに入っていても売らないだろう。

味を見切る。
そこが満席か座れるかの差だと実感した。

この店も負けてはいない。
鉄が大好き_f0076731_18301688.jpg
このアナゴの天婦羅は、
中津で一番美味いはずだ。

それぞれ特徴がある中津川の味、
そろそろ本格的に蘇ってきた。

久しぶりに居酒屋を堪能した。
早々に引き上げて、
陸斗の待つ家に向かった。

早速散歩して御飯にしたが、
欲求不満が爆発し飛ぶは噛むはのオンパレードだ。

それでもいつもの場所に入ると、
耳を畳んでそそくさと嗅ぎまわる。

じゃあ、
もう一飲みと赤ワインを取り出して、
グラスに注ぐと、
臭いが気に入ったのか「父ちゃんくれ!!」とやかましい。


あきまへーん。
犬が飲んだら寿命縮むよ!

転がりにくいグラスで楽しんでいたが、
何かの拍子にグラスがぶつかってワインがこぼれた。

こりゃいかん!

雑巾を取りに席を立ち、
振り返った瞬間「えー!」

風神のごとく陸斗がテーブルに手をつき、
顔を90度倒すと、
正にケルヒャーを彷彿とさせる勢いで、
こぼれた赤ワインをすべてすすり込んだ。

後の祭りだった。

結構酒癖悪いよ。

今朝も快調に散歩して・・・とはいかず、
朝からまあ良く跳ね良く噛み良く引っ張る。

物凄い運動性能だ。

排便しないのはワインのせいかな。

まあ、
お昼に出たので心配はなかったけど。

体が大きくなり、
少しづつではあるけれど排便間隔があくようになった。

無理しないことに決め、
時間を有効活用する。

とは言え、
油断すると食っちまうので先回りが大切だ。

朝から良い天気だった。
冷えたけどね。
鉄が大好き_f0076731_18302467.jpg
神奈川から小沢さんが見学に来られた。

エクシーガをこよなく愛す、
根っからのスバリストだ。

秋晴れのドライブを楽しみながら、
中津川に来訪された。
鉄が大好き_f0076731_18303393.jpg
いつも動画を楽しみにされていると聞き、
「やる気」のチャージがグッと強まった。

鉄が大好き_f0076731_18303975.jpg
酒のつまみにと、
地元の名産品をお土産に戴いた。

ありがとうございます。
甘い落花生は、
会社でみんなと味わおう。

酒のつまみは持ち帰り、
どんな酒が会うのか、
じっくりと確かめてみたい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-10-28 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31