人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型S4誕生と開発費

新型S4誕生と開発費_f0076731_18103373.jpg
色の配置は文句なしだ。

赤も鮮烈だし、
新型S4誕生と開発費_f0076731_18103880.jpg
ソーラーオレンジも一発で気に入った。

スタイルは抜群に良いけど、
何か世界観に違和感がある。
新型S4誕生と開発費_f0076731_18101630.jpg
カタログを今日初めて見てたのだが、
この演出に感極まった。

実に解り易いのだ。

けれど、
余り開発費を掛けなかったことも散見される。

こうした世界観を演出して、
少し別な方向へ誘うのだ。
新型S4誕生と開発費_f0076731_18100414.jpg
全く新しいトランスミッションと期待させるが、
実は名前倒れに過ぎなかった。

これはeーBOXERと同じ、
商品の売り方に対する流れだ。

これは良くないことだと思うので、
SUBARUは性根を入れ替えた方が良い。
新型S4誕生と開発費_f0076731_18101016.jpg
SUBARUは既に二種類のCVTを大幅に改良した。
先に高容量のCVT、
日本でいう所のスポーツリニアトロニックがベースだった。

それはアセント用に開発された、
牽引力強化バージョンだ。

そのミソは、
レシオカバレッジを6.4から6.9に拡大させたことだ。

次に日米に於いて、
レガシィと、
レヴォーグ/WRX並行開発を進める中で、
中容量リニアトロニックの変速比も拡大した。
こちらは7.0から8.1とより進歩した内容だ。

このトランスミッションは、
既に新型レヴォーグやフォレスタースポーツに、
CB18とセットで採用されている。

今度S4に搭載された「ハイパフォーマンスなんちゃら」は、
先のアセント用高容量CVT、
にアイドリングストップなど、
新たな改善点を盛り込んだ米国製レガシィ用だ。

それをスポーツライクに適応させただけで、
特に新しいわけでは無く別バージョンに過ぎない。

こういう所作を、
「おためごかし」と言う。

机に座ってリモートワークなど、
まっとうな働き方をしていないと、
だんだんおかしな方に知恵が働くのだろう。

逆に良い点を言えば、
グローバルで開発した資産を生かす事で、
国内専用のレヴォーグは、
高性能車のバーゲンプライスになった。

これを高いと言う人は、
少し考え方を変えると良い。

総論として悪くは無いが、
どうしても最後に出たS4を見ると、
「このクルマには開発費がそれほど掛けられていない」
と思えてしまうのだ。

「よくもそんな事が言えるな」と、
スバルの子供たちは怒るかもしれない。

新型S4誕生と開発費_f0076731_18102203.jpg
この世界観は、
猛獣の部類の家畜を中心に置き、
手軽にかっこよいシーンを組み合わせている。

一流らしきアイテムが並ぶが、
新型S4の動態質感はともかくとして、
圧倒的な動力性能は得られていない。


気持ちは理解できる。

誰でもふんだんに開発費を掛けられる時代ではない。

スキーもサーフィンも、
高性能バイクも嗜まないが、
新型S4誕生と開発費_f0076731_18102843.jpg
ジャーマン・シェパードを中心に、
スポーツライクなライフスタイルを、
開発費を掛けずに作り続ける。

ガレージではなく物干し場に、
WRX並みの猛犬を置いた。

相手するためのグッズは、
一流ブランドよりワークマンが良い。

猛犬の教育、
すなわち共生のための開発は手間がかかる。

けれども、
高い動力性能を持つから楽しい。

カッコ良いブーツより、
ワークマンの長靴がスキだ。

確かに犬に金を掛けたが、
常識で考えるより節約している。

なので、
同じ視点で新型WRXをみると、
開発費は????となるのだ。

とりあえず、
印象を語るだけにしておこう。

SUBARUの今後の検討を祈りたい。

色とデザイン、
それにポリシーには感銘を受けている。

ただし、
戦闘力を失ったスバルに、
魅力は失せた。

Commented at 2021-11-26 00:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2021-11-26 10:20
上條さん、おはようございます。冬の時代が長すぎましたね。
Commented by 武山 at 2021-11-26 22:44 x
ご無沙汰しております。名古屋の武山です。
そろそろスタッドレスへの履き替えでお邪魔しようと思っていましたが、少し大きな怪我をしたため年内は無理そうです。
さて、新しいS4に関する感想、率直に残念としか言いようがないものがあります。
乗り出し500万を優に上回り、GRBやVABはおろか、過去のコンプリートカーに迫るお値段でありながら、車重は100㎏増え、しかし馬力は大幅に下回る275PSのFA24、GRFより非力で、しかもでMTすらないとは・・・
GRBやGRF、VABの中身と値段を知っている人間は、もう馬鹿らしくて買えないですね。
XVの成功に味を占めて、ファッションで車を選ぶ層に売れて、そこそこ儲かればよいのかもしれませんが、WRXというブランドを自ら毀損している様にしか見えず残念です。そうじゃないだろ。
H6をやめるのは、確かに商業的にはしょうがなかった。MTも確かに作っても売れない。しかし、戦闘力まで失ってしまっては、これはWRXという名を冠するには相応しくない。ただただ残念です。
Commented by b-faction at 2021-11-27 13:33
武山さん、お大事に。回復されたらご連絡ください。お待ちしております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-11-25 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31