人気ブログランキング | 話題のタグを見る

品_f0076731_20151515.jpg
品のある味わいだ。

品_f0076731_20152094.jpg
まずそのまま鰈の煮つけと合わせてみた。
それも良いけど、
やっぱり炭酸割がステキだ。

品_f0076731_20152636.jpg
牡蠣のソテーが出た時に、


品_f0076731_20153116.jpg
酒の美味さが更に際立った。

長谷川さん、
ありがとうございます。

濁りでない新酒も楽しみです。

ラリー会場で使用した、
SUBARUジェネレーターが、
そのままフロントに放置されていた。
品_f0076731_20404086.jpg
蹴飛ばしたりして傷つける前に片付けましょう。

そう言うと、
放置してるのではなく、
ガソリンを抜いて次に備えるため、
一旦置いてあるのだ言う。

一般市販品はロビンカラーの黄色だが、
これは最後に作られたラリーブルーの特別仕様だ。
品_f0076731_20153602.jpg
課長が点検清掃して、
今日格納が終わった。

ところでもう一台のレトロ発電機を、
せっかくだから飾らないかと声を掛けた。

ほとんど使っていないが、
すこぶる調子が悪い。

長年燃料を残して保管したため、
調子が悪くなってしまった。
品_f0076731_20154108.jpg

定期的に使わないと寿命が短くなる。
いざとなれば直せると思うが、
今はその需要に乏しい。

でもレトロだけど品があるね。
どちらもカッコ良い。

このSG550は懐かしのサンバートライとセットで、
確かプロモーションしてたよな。

デザインにも共通性がある。

昭和57年にサンバートライがデビューした時、
品のあるスタイルに惚れ惚れした。

懐かしい思い出だ。
当時の社長は佐々木貞道さんだった。

日産から天下りした社長だった。
当時のスバルは、
一流企業として振舞うには、
まだまだヨチヨチ歩きだったね。

その頃は、
まだアウディも影が薄かった。
品_f0076731_20154671.jpg
当時モータースポーツの世界で、
話題をさらったのは、
ベンツがサファリラリーに登場した事だ。
皆の度肝を抜いたけど、
日産にどうしても勝てなかった。

その後、
突然復活したアウディが、
クワトロを武器に、
サファリラリーを席巻した。

アウディという社名は一時休眠していたが、
品_f0076731_20155138.jpg
徐々に輝きを取り戻し始めた。
全輪駆動と前輪駆動を主体に生産する会社なので、
SUBARUと似たところがあるけど、
ブランド戦略では格段に差がある。

その辺りの印象を紐解こうと、
撮影の準備をしていたら、
事故の報告が入った。
品_f0076731_20155780.jpg
急遽クルマの回収に急行したので、
予定が全て変更となった。

無事積載車に載せることが出来たので、
帰りのパーキングエリアで遅めの昼食を摂った。
品_f0076731_20160177.jpg
久しぶりにうどんを食べた。

蕎麦かうどんか悩んだが、
かき揚げを見てフラフラと吸い寄せられた。


品_f0076731_20160667.jpg
このクッタクタにフヤケタ天ぷらほど、
美味しいものは無いからね。

戻ってきて、
ギリギリ明るいうちにテストに出た。
品_f0076731_20161157.jpg
同じクーペでもSVXとは格段の差だな。
品があるか無いかでクルマと言うのは、
これほどにも味が違うのだ。

さあ帰ろう。
明日もよろしく。

Commented by 篠 紀雄 at 2021-12-11 23:52 x
久しぶりのコメントとなります静岡県の篠です。
SG550ほったらかしなのを思い出しました。
早く整備しないとつかえなくなってしまいます。

クッタクタにフヤケタ天ぷらの大好きです。
Commented by 中島 光 at 2021-12-12 08:51 x
スバルの懐かしい発電機。久しぶりに目にしました。サンバートライ(TG)の時代ですか。TG型は我が家でも愛用していました。あの頃の富士重デザインは何かを取り戻した時代だったかもしれません。・・・トライのあか抜けたスタイルと共に、アウトドア推しのカタログ載っていた発電機がそれだったんですね。これも大いなる伝承物ですね。・・・・・アウディTTのジャンプは、なるほどと思いました。(フロントヘビー気味?)
Commented by b-faction at 2021-12-12 14:01
篠さん、こんにちは。このSG550は以前再始動できたので、またチャレンジしてみようと思います。
Commented by b-faction at 2021-12-12 14:33
中島 光さん、四駆のTryはKR2でしたよね。それまではKの後ろに8が付いてK87が後輪駆動、K88が四輪駆動でした。サンバー初の大掛かりなフルモデルチェンジだったKR/KTはこの仕事にデビューした記念碑でもあります。エアコン装着可能なクルマになり12インチホイールも採用して他社と対等に競争できるようになりました。
TGは型ではなくグレードでしたね。4年後のビッグマイナーチェンジでサンサンウインドウが付きました。ドミンゴの要素を確か取り入れていました。ワンウエイクラッチのフルタイム四駆だったような気がします。デザインの変革は感じましたが、安上がりに拡幅するだけのリッターカーに背徳感を覚えた時代でもあります。その後佐々木社長の後を引き継いだ興銀出身の田島社長による日産離れが始まるのでした。
Commented by 中島 光 at 2021-12-12 22:24 x
詳細な解説ありがとうございます。型式は全く見当違いで記憶していました(笑)。(サンバー系は基本Kでしたね。)・・・初代TRYはやはり記念碑的なクルマだったのですね。12インチの白い8スポークホイールもおしゃれでした。・・・ドミンゴも周囲には愛用者が多かったです。懐かしいです。
Commented by b-faction at 2021-12-14 18:58
> 中島 光さん
ドミンゴは意外に売れたんですよ。その当時から今もお付き合いが続く大切なお客様も居られます。いまはジャスティに乗って戴いてます。
名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2021-12-11 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction