人気ブログランキング | 話題のタグを見る

改質

改質_f0076731_18085941.jpg
木曽の生駒さんから、
ステキな差し入れを戴いた。

まさに故郷の味だ。

改質_f0076731_18091179.jpg
松の実焼はとても香ばしくて素晴らしい味だ。
改質_f0076731_18090540.jpg
こちらのお菓子も楽しみだ。

どんな味がするのだろうか。
お洒落なお菓子だね。

生駒さん、
ありがとうございます。

とてもお洒落なクルマの、
仕上げが完了したので走行テストに臨んだ。


改質_f0076731_18093284.jpg
ダイヤモンドグレーは好きな色の一つで、
最新のマグネタイトグレーの直系に当たる。

改質_f0076731_18093987.jpg
スペックBなのでフロントフェイスが凛々しい。

改質_f0076731_18094740.jpg
比較的走行距離の少ない上物なので、
室内も綺麗ですっきりしている。

改質_f0076731_18095825.jpg
最新の機材を用いて仕上げたので、
見ただけでなく、
室内の空気そのものが透き通った感じだ。

改質_f0076731_18100643.jpg
中間地点でクルマを降り、
外観チェックをしながら、
お店の暖簾をくぐった。

人の通りもなく、
クルマも全くすれ違わない。

そんな峠道で明かりを灯し、
人の暮らしを支える名店だ。
改質_f0076731_18101499.jpg
いいなあ。
このホッとする感じは、
この辺りに住む者なら解るだろう。

燃料も扱い、
美味い豆腐を作り続け、
角打ちにも対応するお店だ。


渋いねぇ。
改質_f0076731_18102174.jpg


難なく80km弱を走り切った。

機関は快調そのものだ。
コンチのタイヤも新しいから快適だね。

この日はまだ気温が今ほど低くなく、
プレミアムコンタクト6の隠れた性能をいかんなく発揮した。

翌朝は好天だった。
改質_f0076731_18110212.jpg
川﨑の児島さんから戴いた、
八方尾根の香りがするお菓子だ。

改質_f0076731_18110846.jpg
確かな味わいと、

改質_f0076731_18111375.jpg
変わらぬ姿が安心感を生む。
とても美味しくいただきました。

活力朝礼で花壇改善を再開し、
改質_f0076731_18115614.jpg
一番厄介だった場所の土を濾過した。

改質_f0076731_18120384.jpg
何しろ根気がいる。
石のように見えるが、
土の塊も多い。

改質_f0076731_18121063.jpg
濾過した後は区別がつかないので、
掌で確かめて区別する。

改質_f0076731_18122320.jpg
その見分けは困難だ。
上は石だが下は土だ。

改質_f0076731_18122882.jpg
これくらいの砕石なら容易に分別できるが、
それ以下だと難しいので、
改質_f0076731_18123401.jpg
更に篩にかけて土を元の場所へ戻す。

改質_f0076731_18124064.jpg
そのペースより、
濾過のペースの方が早いので、
なかなか作業は思うように進まない。
改質_f0076731_18124539.jpg
しっかり横について、
サポートしないと土が減ってしまうのだ。

改質_f0076731_18125453.jpg
点々と過去から現在に渡って、
砕石を取り除いてきた痕跡だ。

まるでパッチワークの様に残っている。

改質_f0076731_18130298.jpg
この時、
出足で目を離したので、
土の多く混ざった除去後の砕石が、
駐車場の一部に敷かれてしまった。

これだと花壇の土は減るし、
汚れやすくなるし、
草も生えやすいので、
良い事は何もない。

改質_f0076731_18130891.jpg
その奥には過去の失敗が横たわっているが、
改質_f0076731_18131406.jpg
焦って進めようとすると同じ轍を踏む。

ここから植えるまでが、
最も慎重になるべき過程だ。


改質_f0076731_18132201.jpg
まだ、
グリーンビズカリューも二袋ほどある。

改質_f0076731_18133009.jpg
この日は一旦ここで終えて、
定休日を挟んだ。
焦らない焦らない。
改質_f0076731_18183254.jpg
川崎の依田さんから戴いた、
梨を使た羊羹の封を切った。

ズシリと重い訳だ。
その地で採れた梨をピューレにして、
ふんだんに混ぜ込んだ独特の羊羹だ。

改質_f0076731_18184343.jpg
梨の食感が残りフルーティーで、
羊羹らしいコッテリした歯触りも素敵だ。

軽やかに染み通る深い甘さも嬉しい。

改質_f0076731_18185177.jpg
とても美味しくいただきました。
依田さん、
ありがとうございます。

たくさん採れる梨の中から、
商品にはならない傷物を、
最高の形で生かした素晴らしいお菓子だ。

自然の恵みを大切にしたい。

例え砕石交じりの土でも、
長年花壇にした以上、
中には必ず有効な微生物が住む。

改質_f0076731_18190242.jpg
それを可能な限り活かし、
PH値を改善して見ごたえある花壇に蘇らせる。

休み明けの木曜日、
花壇改善が再開された。

今度は殆どの人員を、
社員駐車場側に集めた。
改質_f0076731_18191086.jpg
丁寧に作業を進めたが、
こちら側も土の塊が多く、
濾過するのに時間がかかった。
改質_f0076731_18191871.jpg
花壇の中に出来た中間土壌を、
一旦溜めおいて次の作業に臨む。

改質_f0076731_18192479.jpg
花壇の外にも一山あるので、
こちらも繰り返す必要がある。

とは言うものの、
翌日の金曜日は掃除の日で、
早朝から自動車の移動などに明け暮れた。

その翌日は激しく雨が降った。

と言う訳で、
雨は止んだが土が湿り気を持ち、
今朝の作業は困難を極めた。

その様子は、
改めて紹介したい。

今日は陸斗も午前7時から出勤し、
9時の全体朝礼に参加した。
改質_f0076731_18253331.jpg


たくさんのお客様に可愛がっていただいた。
特に西尾ご夫妻には、
奥様のリードで散歩までして戴き、
ありがとうございました。

陸斗が上の写真の様に、
鳴きながら見送った。

お客様に対して、
あんなに切なそうに「泣いた」のは初めてだ。
犬好きだと分かったんだろう。

ありがとうございました。
改質_f0076731_18253938.jpg
初の本格的な雪となり、
今年はこれから寒い日が続きそうだ。

改質_f0076731_18254568.jpg
今日こそ花株を戻そうと思ったが、
結局土が重くて、
土の高さが揃えられず、
この状態で終わった。

高さを揃える技術は重要だ。

このように、
HEVやBEVでも高さを揃える必要がある。

今日の動画もぜひ楽しんで欲しい。

明日はかわら版作りに集中する。
お楽しみに。

名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2021-12-19 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction