人気ブログランキング | 話題のタグを見る

とても甘美なアウトバック

兵庫県美方郡にお住いの、
井端さんに戴いた郷土の地酒を封切った。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19335928.jpg
生酛造りに命を懸ける優秀な酒蔵だ。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19341036.jpg
ステキな日本酒を、
ワインクーラーで嗜んだ。


とても甘美なアウトバック_f0076731_19341675.jpg
大切に戴こう。

井端さん、
ありがとうございます。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19555431.jpg
丁度旨い鰹が手に入った。

良い味の組み合わせを堪能し、
次の一品を待った。

とても甘美なアウトバック_f0076731_19463924.jpg
大鹿村で買ってきたオレンジ白菜と、
大鹿豆腐を組み合わせた。

新聞紙をめくると、
確かに剥いて捨てなければならない葉も多かった。

けれども、
豆腐と一緒に煮ると、
普通の白菜には無い、
シャキシャキと甘味が際立つ。

これは美味だ。
まだまだ色々ストックがある。
良い買い物が出来た。

お客様からお年賀で戴いた、
お菓子も毎日楽しんでいる。

とても甘美なアウトバック_f0076731_19342342.jpg
東京の柳さんに戴いた、
餅入り最中を味わった。

とても甘美なアウトバック_f0076731_19342957.jpg
実に適切なサイズで、

とても甘美なアウトバック_f0076731_19343401.jpg
とても美味しくいただいた。

とても甘美なアウトバック_f0076731_20032482.jpg
柳さん、
ありがとうございます。

滋賀の畔柳さんに戴いた、
とても甘美なアウトバック_f0076731_19343926.jpg
珍しいあられも堪能した。

雷神が涎を垂らしながら吊り上げるほど美味いらしい。


とても甘美なアウトバック_f0076731_19344773.jpg
これは几帳面だ。

恐れ入った。
アソートでいただくと配る時に悩む。

せっかくなら、
色々味わいたいものだ。

ただ組み合わせるだけでなく、
とても甘美なアウトバック_f0076731_20064486.jpg
まるでタイル張りのような配列だ。
とても甘美なアウトバック_f0076731_20065112.jpg
海苔巻きから食べてみよう。

これは香ばしい。

畔柳さん、
とても美味しく戴きました。
ありがとうございます。

東京の宮下さんに戴いた、
とても甘美なアウトバック_f0076731_19345305.jpg
甲州銘菓の栗せんべいも封切った。

確かに栗の香りがする。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19345892.jpg
しっかりした甘さと歯ごたえ、
それに噛んだ後の口どけの良さ、
とても美味しくいただきました。

宮下さん、
ありがとうございます。

美味しいお菓子を戴きながら、
お茶を飲みたかったのだが、
生憎お湯が切れていた。

冷蔵庫にはお正月の前から溜りに溜まった乳酸菌がひしめいていた。

とても甘美なアウトバック_f0076731_19350444.jpg
冷蔵庫より室内の気温が低い毎日だった。
庫内ならば安定した温度管理なので、
賞味期限など誤差に過ぎない。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19350997.jpg
生きた日本酒と同じだな、
と言い聞かせればよいさ。

一月以上経っていたが、

とても甘美なアウトバック_f0076731_19351695.jpg
振ってみても澱も無く、


とても甘美なアウトバック_f0076731_19352582.jpg
正に「はよ飲め」とせかしてるようだ。


とても甘美なアウトバック_f0076731_19353350.jpg
おお!
酸味は少しきつくなっているが、
若い奴には無い奥の深い味がする。

若いヤツに無い、
奥の深いブランドに育ち続ける。

以前一度、
たまったポイントが、
ついうっかりして更新を忘れ、
全て消えた事があった。

案内は来ていたが、
とても甘美なアウトバック_f0076731_19353964.jpg
最近はワークマンがモンベルに優先することが増えた。

作業着の品質を求めてしまう。

けれど、
所有しているモンベルは、
どれも長寿命で高性能だ。

どちらも尖った商品で、
簡単に街着にならないようだが、
意外にフィットする共通性を持つ。

ただ、
陸斗号で遠出するには遠いな。

以前ほど簡単に、
諏訪湖畔へ出かけられなくなった。

まあ、
失効しても仕方がないかと諦めた。


とても甘美なアウトバック_f0076731_19354620.jpg
すると、
何と粋な計らいだろう。

熟成した良質なブランドは、
やはりファンを掴む握りどころが違うね。

モンベルさん、
ありがとうございます。

引き続きお付き合いをよろしくお願いします。

自分のカラダとの付き合いも大切だ。

陸斗との出会いの直前に、
普通の人の5倍も出ていたインスリンが、
ちゃんと元に戻ったのか、
エコー検査に合わせて調べた。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19355404.jpg
もう尿酸値はずっと安定し、
肝機能も平穏だ。


とても甘美なアウトバック_f0076731_19360037.jpg
中性脂肪は高いが、
抑え込む自信がある。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19360688.jpg
神経痛と言われたのはショックだったが、
コンプラ通りに薬を飲んだらけろりと消えた。

メンテナンスは大切だ。
とても甘美なアウトバック_f0076731_19361182.jpg
先日ブログで雪の中の走行をレポートしたBPE型アウトバック、
徹底的な健康診断と、
それに合わせたメンテナンスを終えた後、
バラバラにされて隅々まで清掃が終わった。


美味しくいただきました。
このエンジンは美食家には堪らないだろうな。
とても甘美なアウトバック_f0076731_18090910.jpg
走行距離も少なく程度は抜群だ。

6気筒に一度乗りたいスバリストならば、
このような逸品に注目するのも良かろう。

それでは、
明日もよろしく。

Commented by 阿部 at 2022-01-28 23:32 x
代田社長様こんばんは。

最近度々こちらに登場する「大鹿村」どっかで聞いた事有るような…、と思いまして調べたところ今年の大河の主役である北条氏に縁のある地だったのですね。私はチャンバラものの映画が大好きなので、何れは行ってみたいものです。

あまり車と関係無いコメントで失礼致しました。

Commented by b-faction at 2022-01-29 18:22
阿部さん、それは驚きました。確かに落ち武者の匂いはそこはかとなくしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2022-01-28 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction