人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ドイツの先進性とソルテラ誕生

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20080773.jpeg
行くぜ!

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20081342.jpeg
うん!
とおちゃん、行きたい!!

じゃあ、陸斗号で出勤だ。

今日はソルテラが届いて、
色々と仕事が多い。
ゴールデンウイークの代休で、
スタッフの数も少ない。


ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20081910.jpeg
なので急遽犬社員も動員した。

干支が一周したな。

12年前の今頃、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20082564.jpeg
初めてドイツを訪問していた。

最初はシュツッドガルドに行き、
そのままミュンヘンに回った。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20083002.jpeg
不思議な建物だった。

ダイムラーとは全く雰囲気が違って、
これはこれで新鮮だったが、

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20083646.jpeg
フワフワ動き回る謎の物体に、
異様なジャパネスクも加わり、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20084355.jpeg
最初は眩暈がしそうだった。

夢でも見てるような雰囲気だが、
ベンツより遥かに現実的なプロポーザルが、
実に解り易く並んでた。


ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20084979.jpeg
未だに何の意味があったのかサッパリ解らないが、
コンパニオンとしては有意義な存在だった。


ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20085591.jpg
日本を取り入れる光景は、
少し異様ではあったが親近感を持てた。

まだ、
M社のトレーニングに参加するなど、
思ってもみなかった頃だが、
この頃から相性が良くなったんだろうな。

肌に触れたBMWは心地よかった。

SUBARUもカーボンルーフにチャレンジする気構えを持ち、
様々なチャレンジを始めていた。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20090135.jpeg
その先輩のクオリティに、
ここで思わずため息をついた。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20090806.jpeg
いつかこうなるんだ。
頑張ってブランドを磨こう。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20091567.jpeg
BMWも軽自動車で苦労して、

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20092049.jpeg
小型車で苦労して、

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20092792.jpeg
時には失敗もしながら、
ブランドを磨き続けてきた。


娘が「お父さん」と呼ぶので振り返ると、
しゃがみこんだ娘がこういった。

「可哀そうなほど不細工」

指を差した先に、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20093465.jpeg
これはジャミラかと思えるレーシングカーが鎮座してた。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20094008.jpeg
不細工だがどこか愛おしい。

秀逸だな。

芸術性は。

陸斗もワイルドだが、
ねいちゃんも中々のワイルドさを持つ。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20094657.jpeg
いきなりバイクに跨ったら、
ちょうどツーリングで訪れていた、
屈強なライダーたちが群がって来た。

珍しいイキモノに見えたのだろう。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20095303.jpeg
リモートで駐車したり、
電気自動車のフレームが展示されたり、
見事な先進性が並んでいた。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20100017.jpeg
これらの差を見ても、
余り脅威に感じなかったのは、
SUBARUの持つ潜在能力を知っていたからなのだ。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20100727.jpeg
ミュンヘンからフランクフルトに戻り、
色々な場所で食事も楽しんだ。

ピルスと、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20101357.jpeg
バイツェンの差をミュンヘンのレストランで教わり、

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20102024.jpeg
それからすっかり虜になった。

そして次の日からスバルの応援団の一員として、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20102638.jpeg
ニュルブルクリンクに初めて乗り込んだ。

パドックを楽しんだ後、
ピットウオークの時間になり、
スターティンググリッド周辺も解放された。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20103315.jpeg
奇麗なねいちゃんが前から来る。

大柄なドイツの美女ばかり見てたので、
思わず胸がキュンとなった。

美女が居るはずだ。

その後ろにはプリンスが居たからね。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20103845.jpeg
最高の笑顔で章男さんが現れた。


ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20104496.jpeg
良い思い出だ。

一緒に良いクルマを作る最高のパートナー。

そしてニュルを盛り上げたスバルの戦士たち。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20105051.jpeg
この後、
エンゲルスは遠い所に旅立ってしまった。

プローバの吉田社長は、
攻める走りを見せて、
実に頼もしかったね。

清水さんもニュルのオーソリティらしく、
単刀直入に「タイヤがだめだ!」と、
辰己監督にガンガン文句言ってたし、
凄いチーム内容だった。

この時ポルシェは電動レーシングカーを実践投入し、

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20105746.jpeg
際立つ走りを披露した。

結果はりタイヤだが、
公開実験室を見る様な興奮を覚えたね。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20110424.jpeg
そんな中、
SUBARUは過去最高のクラス4位を獲得し、
翌年の優勝の足掛かりを作った。

不利なハッチバックでよく頑張った。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20111262.jpeg
吉田さん、
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20112277.jpg
懐かしいね。

またニュルで会いたいね。

この後トヨタに表敬訪問した。
ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20113013.jpg
章男さんが気さくに出迎えてくれた。
彼等はクラス優勝をもぎ取った。

木下さんが男泣きしてる姿に、
物凄く感動して、
これは良いチームになるなと予感した。

ドイツの先進性とソルテラ誕生_f0076731_20113699.jpg
道はまだまだ長いが、
希望は山ほど見える。




一緒に作った良いクルマを、
今日もたっぷり見てくれ。


そして、
今もなおニュルで仕込みを続ける、
平岡社長率いるSUBARU軍団の皆さん、
健闘を期待する。

頑張ってください。

それでは、
また明日。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2022-05-24 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction