人気ブログランキング | 話題のタグを見る

真実の「まめ」

真実の「まめ」_f0076731_17392036.jpg
平方さんから戴いた、
だだちゃまめを食べた。

真実の「まめ」_f0076731_17392516.jpg
普通の枝豆と何が違うのか。

まず一番違うのが、
この薄皮だ。

真実の「まめ」_f0076731_17393022.jpg
殻に残る場合があるので、
必ず取り出して食べる。

これだけでもうまいからだ。

門外不出を守る心意気は、
こうした乱気流が荒れ狂う時だから余計に光る。

平方さん、
美味しくいただいてます。
ありがとうございます。
真実の「まめ」_f0076731_17393854.jpg
岐阜から名知さんが来訪され、
愛機の車検を承った。

タイミングが合えば、
新型XVへ乗り換えを希望された。
もういつ次のXVが登場するのか、
販売店よりお詳しい。

次期車の予約を頂戴した。

ありがとうございます。

名知さんらしい、
捻りの効いたお土産を戴いた。
真実の「まめ」_f0076731_17394505.jpg
姑息なマーケティングに、
釘を刺された様に感じた。

伝統を重んじる様気だ。
中身は明らか豆だが、
その味を思い出せない。

岐阜県の豆菓子なので、
必ず食べているハズなのだ。

真実の「まめ」_f0076731_17395314.jpg
陸斗も別れを惜しんでいた。

またゆっくりお出かけください。
一緒に飲める日が早く来ることを願う。

名知さん、
ありがとうございます。

入れ替わるように、
真実の「まめ」_f0076731_17403543.jpg
岡崎から見学のお客様が来訪された。

動画にコメントを戴いていたが、
この時はピンとこなかった。
真実の「まめ」_f0076731_17404210.jpg
田中さんご夫婦から、
ステキなお土産を戴いた。

真実の「まめ」_f0076731_17404928.jpg
中津川の味もお気に召していただけたようだ。

また気楽に中津川で楽しんで欲しい。

今の中津川は、
昔のような通過点では無くなった。

いよいよスバルのティザーが始まった。
真実の「まめ」_f0076731_18133797.jpg
新しいSUVと銘じられ、
全くブランニューの出で立ちだ。

公開の時間を見ると、
15日の午後二時となっている。
木曜日か。
全国特約店の休日明けだ。

アンベールは日本か。
それとも米国なのか。

動画を見ると、
ボディカラーはガイザーブルーに映る。

ウイルダネスで投入した新色を与えるのだろうか。

この力強いブルーカラーを、
スバルの新たな象徴としてグローバルで展開する意気込みなのか。

正直に言う。
まだ何も見たことも無ければ、
詳しい話も一切聞いていない。

ただ、
豆は豆だ。

正直な豆になる方が良い。

だだちゃまめなら、
だだちゃまめらしく正直に振舞おう。
真実の「まめ」_f0076731_17491867.jpg
名知さんから戴いた三嶋豆を封切ると、
真実の「まめ」_f0076731_18053308.jpg
そこに懐かしい姿があった。

これだったのか。

子供の頃に良く食べた。

真実の「まめ」_f0076731_18053955.jpg
改めて、
口に放り込むと、
自然で優しくとても美味しい。

三嶋豆は三嶋豆なのだ。

ちょっと色や形を小細工して、
違う名前に変えても良いだろう。

でも、
それを作り手が自ら、
「全く新しい新製品です」と言ったら、
仰向けになって唾を吐くことにならないかな。

マーケティングとは小手先の技では無く、
もっと肝の座った重要な戦略なのだ。

ユトリ仕事だと、
なかなか自分では気づかない。
さて、浜木綿子さんが、
トヨタイムズ編集長のお母さんだと、
この騒ぎを通じてで初めて知った。
良い味の役者に育ったのは、
やはり遺伝的要素も大きいのだろう。


大好きな女優さんなので、
思わず触れたくなった。
それに、萬屋錦之助が浜木綿子さんと対峙する時、
子連れ狼の凛とした姿が、
正に陸斗と重なるんだ。

機会があったら見て欲しい。

頑張って復帰して、
また元気な演技を見せて欲しい。

応援してるよ。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2022-09-03 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction