人気ブログランキング | 話題のタグを見る

軸足の狂い

軸足の狂い_f0076731_18591836.jpg
望桜荘の前庭から苔が姿を消した。

苦労に苦労を重ね、
シバザクラで溢れる景観を作ろうと努力している。

その前に立ちはだかったのが、
シバザクラの突然死だ。


それに対して東京の太田さんからアドバイスをいただき、
土質改良剤を投入したり、
名古屋の長谷川さんの指導に従い川砂で改善した。

数か月で結果が現れた。

軸足の狂い_f0076731_18592505.jpg
これなら大丈夫だ。

苔の生える環境では無くなり、
増えてはいないが腰が強くなっている。

これで株分けした苗を適切なタイミングで植えれば、
更に効果が高まるだろう。

ご指導ご協力に感謝します。

突然死と言えども兆候が必ずある。

それは「様子」だ。

「様子」を機敏に感じ取る能力は、
後天的には身につかない先天性の要素かもしれない。

シェパードを見ると、
先天性を強く感じる時がある。

それはお母さんから受け継いだ、
先天的な特徴だ。

今朝は向いにある公会堂で、
地域の風物詩が繰り広げられた。

前日からタープが張られ、
事前準備は終わっていたようだ。
軸足の狂い_f0076731_18593070.jpg
これが街道筋の正統派「五平餅」だ。

最近は流通と焼きやすさの関係で、
量産化した会社が高速道路に張り巡らされた出店で、
これが五平餅だと訴え続けた結果、
我らが五平餅とは異なる姿に主役を乗っ取られつつある。

新米が取れたお祝いに、

軸足の狂い_f0076731_18593513.jpg
家族で楽しむ風物詩だった。

「たれ」の味も家によって微妙に異なるが、
そのどれもが香ばしくて美味しい。

秘伝のレシピは重要で、
隠し味に何を使うか、
各家のプライドがそこに潜んでいた。


これも先天性が支配する、
とても面白い要件かもしれない。

意識せずともその家の伝統は血で繋がるものだ。
軸足の狂い_f0076731_18594164.jpg
隠し味がふんだんに盛り込まれた、
伝統の香ばしさが遂に蘇った。

昨日一旦走行可能な状態迄仕上げられたGC8は、
北原整備部長の手によって公道テストが進められた。


早い話が家に乗りかえり、
普段使いが問題ないかを試したわけだ。

軸足の狂い_f0076731_18594716.jpg
まだ、
課題は山積しているが、
とりあえずマリオ用の最新シートを装着し、
高い安全性を確保した上で、
公道で慎重に走行状態を確認した。

碧い色で蘇ったGC8は、
まだあの咆哮を轟かせてはいない。

けれども栄光のブルーをまとった姿を、
これから様々な場所で披露するつもりだ。

同じブルーでも、
「軸足の狂い」を感じた者は他にも居るに違いない。

軸足の狂い_f0076731_18595323.jpg
今度の号は商品として未完成な状態に見えて、
本当に驚いてしまった。

これほど手を抜いた表紙を見たことが無い。
スバルの統制が厳しかったので、
メディア用のソースが不足したのかもしれない。

・・・が、
いくら何でもこの表紙はないだろう。

ぶった切った車体に、
加工の痕が垣間見える背景。

自ら「ためになる教科書」とはいかなることか。

それに、
意味を感じないWEB CARTOPのロゴが、
42という不吉な番号と対峙している。

「頼れる相棒」か、
良く使われるフレーズだ。

留めは「帰国子女の優越」ときた。

ちょっとあまりにも、
リテラシーがお粗末じゃないのかな。

余りにも急激な変化で、
戸惑いを隠せない。

これはあくまでも編集上の拘りかもしれないが、
下三分の二を軽視したとしか思えない装丁だ。

スバルマガジンに元気を!
軸足の狂い_f0076731_18595817.jpg
今日から陸斗は連続出勤なので、
午後から会社に連れてきた。

豊田市から中田さんが来訪される予定だったので、
きっと陸斗の顔が見たいはずだと予感した。

明日も明後日も、
納車式に参加する約束がある。

軸足の狂い_f0076731_19000459.jpg
連れてきてよかった。

午後一番で中田さんが来訪され、
久しぶりに末の息子さんと再会した。

東京から持ち帰られた素晴らしいお土産と共に・・・・。

軸足の狂い_f0076731_19000928.jpg
ずしッとした重さに、
只者ではないなと感じた。

熨斗紙にも味がある。

軸足の狂い_f0076731_19001554.jpg
「桃太郎だんご」の文字がほのぼのしい。
箱を開けたら、
軸足の狂い_f0076731_19002015.jpg
おお!
あの凄いどら焼きじゃないのか。

焼き印で確信した。

森光子さんが愛用した伝説のどら焼きだ。
軸足の狂い_f0076731_19002776.jpg
放浪記!

溢れそうな餡が食欲をそそる。

軸足の狂い_f0076731_19003317.jpg
中田さん、
ありがとうございました。

久しぶりに息子さんとお目に掛かり、
陸斗と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来た。

ありがとうございます。
また是非WRXのような犬とたわむれに来てくださいね。

その後、
リフレッシュメンテに来訪された碧南市の吉川さんと、
愛機の同乗走行に出かけた後、
本日の動画を撮影した。
軸足の狂い_f0076731_19003841.jpg
アウトバックの魅力はこのフォグランプにも潜んでる。

これの色を変えたり、
光量調節を可能にしたり、
多機能を追求すると面白いだろうな。

これからのスバルのアイコンの一つとして、
もっと積極的に使うべきだよね。

他社には後出しでも何のプライドも無く模倣し、
己のブランドにすり替えるところもある。

また一泡付加されない様に気を付けて欲しいね。
軸足の狂い_f0076731_19004414.jpg
せっかく作り上げたブランドを、
もっと自信もって大切に育てよう。

アウトバックに死角なし。

ブランドは重要だ。

クマチクに行くと今日もブランド牛が所狭しと並んでる。
軸足の狂い_f0076731_19004989.jpg
ドイツの景色に近いステキなショーケースだ。
日本にもマイスター制度があると、
このようなお店は更に力を付けるだろう。
軸足の狂い_f0076731_19005589.jpg
ドイツの肉やって本当に魅力的なんだ。
美味しいデリも並んでるし。

今日の獲物はこれだ。
軸足の狂い_f0076731_19005947.jpg
どんな料理になるのか楽しみだね。

ここにもデリが出来るかもしれない。
軸足の狂い_f0076731_19010491.jpg
その資質は充分だ。

それでは、
また明日。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2022-10-15 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction