人気ブログランキング | 話題のタグを見る

晩秋の足音

晩秋の足音_f0076731_19334323.jpg
もし、
事前に知識が無ければ、
どこにでもありそうな焼き菓子に見えた。

「そら」のシールが意味することは、

晩秋の足音_f0076731_19334819.jpg
多分その材料に込められた魂の強さだ。

ほくッと割ってみる。
晩秋の足音_f0076731_19335301.jpg
見た所、
焼き洋菓子特有の脂を感じるが、
その味はまるで違う。

純朴な味だけど強い美味さを併せ持つ。

これは、
相当なパティシエの作品だ。
晩秋の足音_f0076731_19335860.jpg
届いた箱にメッセージが添えられていた。
晩秋の足音_f0076731_19340351.jpg
DEを予約いただいた、
横浜の中山さんのメッセージだ。

A+Bプランを希望されたので、
日程調整してお待ちすると、
念には念をと、
前日に中津川に入られた。
晩秋の足音_f0076731_19340972.jpg
どのお菓子も魅力的だ。

一つ余るので役得に溺れる。
晩秋の足音_f0076731_19341588.jpg
中山さん、
ありがとうございます。

いよいよ紅葉が始まった中津川リンクで、
ステアリングワークとペダル操作を練習して初日が終わった。

その後しっかりと復習に励まれたそうだ。

その翌日、
午前のコーヒータイムで浅野さんから戴いたバターコーヒーに、
晩秋の足音_f0076731_19342034.jpg
フロランタンと呼ぶお菓子を組み合わせた。

晩秋の足音_f0076731_19342610.jpg
これも美味い。

素材が良い。

そして洋菓子特有の脂の「えぐみ」を一切感じぬ腕の良さだ。
晩秋の足音_f0076731_19343153.jpg
とても美味しくいただきました。


晩秋の足音_f0076731_19343714.jpg
中山さん、
ありがとうございます。

その後、
約束の時間になり、
高速道路を使用するBプランを始めた。

ニュル並みに曲がりくねるコースを使って、
ラインコントロールを練習する。

峠の茶屋で小休止すると、
晩秋の足音_f0076731_19344292.jpg
ユニークなジンジャーエールに目が留まった。

中山さんは、
操縦性を会得しようとする努力家だけあり、
目の付け所が違う。

何気なく封を切って飲もうとすると、
「飲み方が書いてありますよ」と忠告を受けた。

缶の背中に、
図説と共に「ゆっくり触れ」書いてあった。

その眼力にビックリした。
おかげで美味しく味わえました。

中山さん、
またお目に掛かれる日を楽しみにしています。

缶の図説はありがたかったが、
どうしても図説では説明できないことも多い。

なので、
DEを始めた。

荷重変化やヨーの変化は、
体感と言葉による説明のセットが相応しい。

こうして週の前半があっという間に過ぎて、
晩秋の足音_f0076731_19344730.jpg
今日は朝から出張だった。

久しぶりにアウトバックで高速道路を走った。

晩秋の足音_f0076731_19345130.jpg
気温は摂氏七度と、
サマータイヤの限界に近い温度だ。

高速道路に滑り込むと、
二台のビッグセダンがかなりの勢いで迫ってきた。

BMWをテスラが追いかけていた。

どんな走りか興味があり、
その後を追いかけるとBMWがテスラに道を譲り、
テールツーノーズで走り始めた。

その後に続くと、
BMWが道を譲ってくれたのでテスラに続いた。

もの凄い加速だ。
直線では簡単においていかれるが、
なぜかコーナーですぐ追いつく。

奇妙なブレーキングで、
ブラインドコーナーを怖がっているようだった。

土岐インターまで走りを眺めたが、
ソルテラ同様に大トルクモーターの加速力はすごいね。

目的地は徐々に掃きだめのようになってきて、
晩秋の足音_f0076731_19345655.jpg
こうした残念な姿が目に付くようになった。

晩秋の足音_f0076731_19350113.jpg
これでも「ないよりは良い」と群がるのだろうが、
こんな「哀れな姿のさよなら」は悲しいし、
クルマが何ともかわいそうだね。

用を済ませ客人が待つ会社にとんぼ返りだ。
晩秋の足音_f0076731_19351264.jpg
今日もDEの予約があり、
時間が押していた。

その次に中津川市役所からお客様が来訪される予定だった。

晩秋の足音_f0076731_20143099.jpg
いよいよ本格的にパンフレットが出来た。

晩秋の足音_f0076731_20143528.jpg


まずは、
このQRコード、
読み取ってほしい。

それでは、
また明日。

Commented by 中山 at 2022-10-28 09:21 x
ドライブ・エクスペリエ前日も含めて3日間に渡りお世話になりました。

今になって、大昔の受験時代に学んだ漢文の記憶がよみがえってきています。
礼記の「善待問者如撞鐘…」というやつです。
よく質問に対応してくれる人(先生)は、 鐘突きのようだ。
小さく叩たたけば小さく鳴るし、大きく叩けば大きく鳴る。
本質についての質問には本質を答えてくれる。

代田社長のご指導もまさにこれだったと思っています。
下手な運転の年月を重ねていた私に合わせて、初歩から始まって近い将来に目指す姿勢に至るまで、とても有意義なご指導をしていただけました。
運転していても、代田社長の声のまま、いろんな言葉や笑い声が頭の中で響いています(^^)
密度の濃い教習だったと思います。
心から感謝しています。

スバル車も多分この通りなのだろうと想像しています。
こちらの運転技量に合わせて、どこまでも応えてくれる車ではないでしょうか。
運転が少しずつでも上手くなれるのを楽しみにスバル車とつきあっていきます。
またよろしくお願いします!
Commented by b-faction at 2022-10-28 11:05
> 中山さん
ありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。またお目に掛かれる日を楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2022-10-27 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction