人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本人好み

日本人好み_f0076731_19501219.jpg
今シーズン初のサンマを焼いた。

お値段は300円を切ってるので、
物凄く高価な魚ではないが、
昔の様にじゃんじゃん焼ける魚ではなくなった。

一匹を丁寧に焼いた。
日本人好み_f0076731_19501860.jpg
丸い七輪と五徳を使って火加減を絶妙に調整すると、
とても美味しくサンマが焼ける。

最近は塩を振らない。

ちょっと醤油垂らす方が、
とても香ばしくて旨いから。

それにしてもサンマは美味しい。
醤油かけて食べる楽しみは、
日本人にとって魂のような至極の瞬間だ。

これほど日本人好みの食べ物は無い。

炭をおこす時、
火の子が舞い上がるが、
それ等をマスターは全く気にしない。

むしろ「しかたがないな」と無気力で眺めてる。
それが終わらないと、
御飯の順番にならない。

焼く準備が整ったら、
陸斗に晩ご飯を食べさせる。

そして綺麗に口元拭いてもらったら、
主と一緒に晩酌だ。

と言っても毎晩酒飲むわけじゃない。

これまで焼き魚を食べさせたことは一度もなく、
匂いに興味は示すが、
勢いよく食べようとするそぶりは見せない。

生肉は飛びつきはしないが、
鼻のピクピク度が全く違って、
本能を理性で抑える様子が見てとれる。

日本人好み_f0076731_19502371.jpg
主だけ食べてて、
自分が何も食べられ無いと、
「なんでやなんでや」と喧しい。
なので、
つまみを指に握らせる。


日本人好み_f0076731_19502873.jpg
そして「テン」の合図をひたすら待つ。
陸斗にとっては、
待つのも使命なので、
その瞬間も嬉しい。

そんな事を楽しみながら、
犬酒場の夜は更けてゆくのだ。

日本人好み_f0076731_19503451.jpg
骨まで愛して・・と言う
ヒットソングがあった。

正にサンマは骨まで愛されてしまう。

骨を捨てる奴にサンマ食う資格は無い!(笑)

あとは海老と鳥のささ身を焼いて、
晩酌は終了した。

来月で陸斗は満二歳半を迎える。
大型犬は寿命が短いので、
一日一日を大切にしている。

昨日一緒にドライブして、
お母さんのルナちゃんに会った時、
陸斗の血統による特徴が良く解って安心した。

昨年を思い出した。
日本人好み_f0076731_19503942.jpg
昨年の11月に、
一歳半を迎えた陸斗とドライブに行った頃から、
徐々に落ち着きを見せ始め、
シェパード独特の人間臭さがより強くなった。

まあ客観的に見て、
陸斗が日本人好みの犬種かと言ったら、
「そこから」はずいぶん距離がある。

柴犬や秋田犬や甲斐犬も素晴らしいけど、
それに比べると「洋犬だなあ」と思える瞬間が多々ある。

子供の頃に親しみ成人するまで側に居たので、
40年以上のブランクを比較的簡単に跳ね除けられたが、
もし一緒に暮らした経験が無かったら、
今の暮らしは実現できなかったはずだ。

もちろん犬好きに好まれる。

だからと言って、
彼が日本人好みかと言えば、
決してそうでは無かろう。

陸斗のお母さんが住む家の近くで、
日本人好み_f0076731_19504536.jpg
美味しい洋菓子を買ってきた。

和菓子と材料も工程も違うけど、
日本人好みの味になってる。

イチゴのムースの中に、
日本人好み_f0076731_19505207.jpg
カスタードクリームが詰め込まれ、
チョコパウンドが台座になるとはニクイ仕上げだ。

このお菓子をスバルに例えるなら、
イグニッションレッドの新型BRZだろう。

それじゃあ、
サンマの塩焼きは何かってえと、
今度生まれたレイバックなんだよね。

今日の動画は、
四代目レガシィのテイストを参考にしながら、
日本人好み_f0076731_19505718.jpg
より具体的にレイバックを解説している。
BP系の誕生時に起きていることと、
今回のレイバック開発に韻が感じられる。

動画のサウンドを楽しんで欲しい。
これも日本人好みじゃ無いけど、
例えばシェパードの様に「これが好き!」な人にとって、
堪らなく感じるクルマだ。


いやあ、
クルマって本当にイイよね。

名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2023-09-21 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction