人気ブログランキング | 話題のタグを見る

美味しさが読める

イベント初日に尾張旭の生田さんが来訪され、
雑談で盛り上がった。

何を思ったのか、
生田さんは突然脈絡のない事を話しだした。

「アラビアンと言うのが旨いらしい」

それは何ですか?

「即席のソバです」

そんなものは聞いたことがない。

どこで知ったんですかと聞き直すと、
時間つぶしにテレビを車中で見てたら、
それを食べさせる番組が流れたと言う。

ちょっと検索してみた。
美味しさが読める_f0076731_13132584.jpg
これですか?

「そうそうそう!!」

本当に美味いんですか?

「・・・・美味いらしい、
テレビで言ってたもの」

作ってる会社は知ってる。
塩ラーメンが好きだから。

しかし、
これほど怪しい即席ラーメンは知らん。

全く味の想像が出来ない。

アをヤと記す所も怪しさが匂う。

やっぱり、
焼きそばなら日清だ!などと、
くだらない話しをしていたら、
「あたーりー!一等賞です」と大きな声が響き渡った。


美味しさが読める_f0076731_13132930.jpg
初日の初来店の初っ端で一等賞だ!

イベントを長くやってるが、
前代未聞の珍事だった。

これは正に魔法だ。
うーんアラビヤン効果なのか!

食ってみたいけど見たことないよ。
美味しさが読める_f0076731_13133657.jpg
生田さん、
おめでとうございます。

初日はスロースタートだったので、
お茶を飲む余裕があった。

草津の安井さんに戴いた、

美味しさが読める_f0076731_13134192.jpg
面白そうなお菓子を封切ると、

美味しさが読める_f0076731_13134789.jpg
中にキャラメリックなお菓子が見えた。

珍しく、
これも味の想像が付かない。

美味しさが読める_f0076731_13135173.jpg
一つ口に入れて噛み締めた。

美味い。

全く知らない味だ。

キャラメルに連想する代表的なお菓子は、
トーハトのキャラメルコーンだ。

あれも最近見ないな。

これはもっと次元が高い、
和洋折衷の味だ。

美味しさが読める_f0076731_13135741.jpg
きな粉風に感じたが、
黒糖とバターのコンビか。

読めなかった。

安井さん、
とても美味しく戴きました。

ありがとうございます。

徐々にイベントが勢いづいて来た。
美味しさが読める_f0076731_13140379.jpg
王滝から西路さんが相棒の初音ちゃんといらっしゃった。

美味しさが読める_f0076731_13140887.jpg
何時もお土産をありがとうございます。

最中や饂飩に加え、
木曽路で採れ頃の山菜を、
美味しさが読める_f0076731_13143957.jpg
社員全員に戴いた。

西路さんから、
先月の14日も飛騨の伝統木工品を戴いたが、
美味しさが読める_f0076731_13144464.jpg
今回はそれに加える形で、

美味しさが読める_f0076731_13145089.jpg
高山の木工技術から生まれた盃を戴いた。

美味しさが読める_f0076731_13145577.jpg
それで呑むお酒までいただき、
感謝感激だ。

美味しさが読める_f0076731_13153217.jpg
社員と分け合うように、
ビール迄お持ちいただき恐縮した。

西路さん、
ありがとうございます。

皆で楽しく分け合いました。

早速持ち帰って犬酒場に置いた。
美味しさが読める_f0076731_13153828.jpg
陸斗は匂いで直ぐ感じたようで、

美味しさが読める_f0076731_13155222.jpg
思わず舌なめずりを繰り返した。

美味しさが読める_f0076731_13160520.jpg
戴いた山菜は、

美味しさが読める_f0076731_13161185.jpg
直ちに天ぷらで味わい、

美味しさが読める_f0076731_13161778.jpg
こごみと、

美味しさが読める_f0076731_13162288.jpg
こしあぶらの双方を、
代わる代わる味わって楽しんだ。

タラの芽の美味しさも素敵だが、
この二種をたらふく食べると、
山菜の王様の一角をかなり占有すると実感した。

食べたことの無い人に、
この味は想像できないかもしれない。
美味しさが読める_f0076731_13162779.jpg
ビールで喉を潤し、
いよいよ真打の登場だ。

スペックを見て驚愕した。

美味しさが読める_f0076731_13163319.jpg
まず、
生だと言う事を知らず冷やさなかった。

これは大失敗だが、
初日は気温が比較的低く、
室内で保管したものの高温になってない。

真っ暗になってから、
ほとぼりの冷めたクルマで運び、
涼しい犬酒場に持ち込んだので大事には至らなかった。

さすがに、
栓を抜いたらポンと弾けたけど、
味は最高だった。

美味しさが読める_f0076731_13163879.jpg
照りも良く、
香りは物凄く麗しい。

良い環境で育まれた最高の酒だ。

純米
無濾過
原酒

これだけで大満足なのだが、
そこに吟醸と生酛のSpecも加わる。

味は舌に載せると、
まるで転がるように旨味が際立つ。

好きなレベルの酸味に、
嫌味の無い甘さが嬉しい。

甘味と旨味が調和しないと、
ホンモノの甘さが出ないのだ。

満点のお酒を久し振りに堪能した。

このレベルの酒を、
ぬる燗でも成り立たせる腕の良さは、
とても深いバックボーンを持つに違いない。

西路さん、
とても美味しく戴きました。

ありがとうございます。


今日もステキな美味しさをお届けしたい。

この差も簡単には読めないだろう。

クルマの美味しさも、
なかなか奥深い。

それでは、
また明日。

名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2024-05-07 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー