人気ブログランキング |

20R再考

北海道で竜巻が荒れ狂い本州の高い山々に初冠雪をもたらした強い前線が過ぎ去り、雲ひとつ無い青空が広がった。
こんなドライブに絶好の日は無い。

ので、早速いつものコースに向かった。
20R再考_f0076731_1050162.jpg


誰よりも早く「初雪」に触りたかったし空気が乾燥していて気持ちが良かったこともある。

20R再考_f0076731_10505934.jpg


そこで、予てから試したかった水平対向DOHCの等長等爆エンジンをフルテスト。
これはサーキットなどで限界走行を試すのではなく、一般路で気持ちよい走りを追求しその中から本来の隠れた性能を引き出すテストだ。
改めて新世紀レガシィの2.0Rの凄さを実感した。リニアなフィーリングとは正にこのことで、
高地のワインディングロードを「快音」響かせて走り回った。

20R再考_f0076731_10523183.jpg


新世紀レガシィの総開発費は、富士重工がかつて無いほどの巨額を投じたもので、
一説には「六本木ヒルズ2棟分」との噂がある。
平成15年の発表直前、当時の竹中社長が「ターボも良いが次のNAがもの凄く良くなった」と自信たっぷりに語られたのを良く覚えている。
ターボとも6気筒とも全く異なるスポーツの世界がこのクルマの中にある。
フロントノーズが軽量でターンインの特性が素直かつ限界高く、ワゴンより高剛性なセダンボディが小気味の良い走り味を生む。
軽量なボディがこれほど走りに効果を生むのかと改めて実感。


レガシィ B4 2.0R
発表から3年半を経て心底惚れ直した。

20R再考_f0076731_10555594.jpg


御嶽山の伏流水は美味い酒や蕎麦、それに豆腐などに恩恵を与えている。
この地域ではこれらは有名だが、普段このあたりでどっぷりそれにつかることは、今まで無かった。

20R再考_f0076731_1056214.jpg


前回の、そう、
二人の大切な記念日の、
サプライズが不評だったため、今回は違った角度で再チャレンジだ。

果たしてプレミアムな妻に、今回はこれが通じるのか。
最後、で
最大のチャンスだともいえる。

20R再考_f0076731_1057190.jpg



今回は「ちゃんこ鍋」を食べに行く。
これが旨かった。
ラッキーなことに予約なしで行ったにもかかわらず、この店で最高であろう席に座ることが出来た。
囲炉裏で雰囲気も抜群。
この店のご主人は角界と繋がりがあるようでこの店に来た力士と一緒にとった写真や断髪式に臨む写真などが飾られていた。
息子さんも学生相撲で素晴らしい成績を上げられている。

20R再考_f0076731_111358.jpg


来て見てびっくり、これこそホンモノのチャンコ屋だった!
地元のお客さんも多く、ウイークディの早い時間なのに満席。

この店の、なんと言っても「タレ」が凄いのだ。

今まで食べたことが無いぞ、
こんな面白いタレ!

絶対秘密で、何を使っているか「カマ」をかけても、
にやりと笑うだけでお店の人は教えてくれない。

僕の舌は、直感で「自然塩」と「海苔」が決め手になっていると感じた。
が、あとは全く謎だ。

20R再考_f0076731_1113572.jpg


今回は妻もご満悦。
記念にとった写真にも「風格」が溢れており、
左上にある本物と比べても,

遜色は全く無い。

正にプレミアムとはこういうことだ、と実感できた一日だった。

大・満・足。
Commented by 来光@GD9A at 2006-11-27 00:50 x
先日は大変お世話になりました。
私も2.0Rのエンジンは興味津々です。時期インプとかで搭載される噂をチラホラ聞きまので楽しみにしてます。
法定点検は時間の都合がつき次第連絡しますので、そのときはどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Toshi at 2006-11-29 10:52 x
今度は15Rのエンジンをご報告します。このエンジンのほうが時期型には最適かも。
伊藤健さんが12月3日に中津スバルに来られます。
是非遊びに来て下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2006-11-08 19:46 | 社長の活動 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction