人気ブログランキング | 話題のタグを見る

富士重工を語る前に

ブログを凍結していた2ヶ月間の間の出来事を
少し語らせて欲しい。

富士重工を語る前に_f0076731_1303293.jpg
2月はスバルビジネスミーティングに参加。
当時話題となった
日教組の集会を拒否した
新高輪プリンスホテルで、SUBARUの将来を睨んだ
非常にモチベーションの上がる会議をした。

生まれて初めてかかった、
帯状疱疹と言う厄介な病気に
驚きながらも、通風よりましだ!などと
タカをくくっていたら、
大先輩のお歴々、特に経験者の方に
「代田君、一周それが体を回ったら、死ぬぞ!」など注意を受け、
でも・・・・

ここから怒涛の如く忙しくなった。
かわら版の発行に追われ

富士重工を語る前に_f0076731_1325356.jpg

  ※下手な字ですみません。書道を習ってます。


つぎなる新たな商談空間、
「望桜荘」の完成が近づいたからだ。

富士重工を語る前に_f0076731_134147.jpg


日本に一つしかない、
軽トラックを中心におくための
商談スペース。
富士重工を語る前に_f0076731_1364467.jpg

それが「望桜荘」なのだ。

富士重工を語る前に_f0076731_135377.jpg

囲炉裏のある空間、

富士重工を語る前に_f0076731_1352176.jpg

古い窓から眺める、農家の庭園風なサンバー展示場。

富士重工を語る前に_f0076731_1362664.jpg
GWフェアでの「こけら落とし」に向け準備を進めている。

桜が満開になる前に
せめてライトアップの準備だけでも整えたいと、
毎日、周辺の環境整備に取り組む。


そして楽しみにしていた久し振りの広島へ。
3月11日広島に到着。
この頃、親しく付き合っている「サコダ車輌」などを視察した。
富士重工を語る前に_f0076731_1372147.jpg


この展示場の裏側がユニーク
まるで撮影セットのように裏は何も無い。
富士重工を語る前に_f0076731_1381586.jpg

子供が大きくなったまま、いつの間にか爺さんになったような迫田社長はユニークな人柄。
どこか似たところがあるのかもしれない。
なぜか、おせっかいを焼きたくなる。

富士重工を語る前に_f0076731_1391221.jpg

そして安芸の宮島へ。
大聖院を訪問するためだ。
久し振りに住職の吉田さんと会って話たくなり、
急なお願いをしたが、
忙しいさなかなのに、
一度は登りたかった弥山(みせん)に一緒に上ってくださったり、
ダライ ラマ14世が、昨年滞在した時に
新たに作ったチベット仏教を祀った、本堂の一部を案内してもらった。

感動した。
その直後、北京五輪に絡んで、まさかこれほどの騒ぎが始まるとは思ってもみなかったので、
何かの縁を感じた。

昨年ダライ ラマ14世は、1週間もの長期に渡り、ここに滞在した。

これはきわめて異例な事であったらしい。

富士重工を語る前に_f0076731_1395460.jpg

   ※今回初めてクルマに乗ったまま宮島に渡る。チューンドバイSTIは各地で「初めて見た」と興味を示された。

大聖院に来ると、
日本の素晴らしさや、
ホンモノとはどういうことなのか、など
日本人の精神に欠く事の出いない各種の要素が
体にしみこんでくる。

2日で往復して走行距離は1200キロを越えた。
レガシィB4tuned by STI 2007で一気に往復。このクルマでこれほどの長距離は初めてなので、
改めて高速性能の素晴らしさを実感した。
SUBARUが担うクルマの領域が、
どの辺りにあるべきなのか、もう一度見直して店作りを進めなければならないと
深く考えさせられた。

富士重工を語る前に_f0076731_131363.jpg

          ※豊臣秀吉が愛でた風景が今もそこにある。

大聖院の弥山にある「1200年の消えずの日」を見ることで
「長く続ける事がホンモノへの道」、と再び確信した。

その火に掛けた鉄鍋で沸かしたお湯を、吉田住職に注いでもらって飲んだ。
富士重工を語る前に_f0076731_13143640.jpg

なんと、帯状疱疹は、一発で霧散した。
やはり、病は気からと言うことか。

3月27日は山形へ。
このブログにも登場してくれている、
守さんと美子さんの新車を、納めるために。
光栄にも、御二人からは、
「代田さんに慣らし運転がしてもらえるのは非常にありがたいので、実走して来て下さい」
と新車での走行を許された事だ。
しかも、泊まって行ってほしいとのこと。
酒盛りの予感に、体調を整えつつ、

富士重工を語る前に_f0076731_13163371.jpg


まだ雪の残る新潟県境を越え、
庄内自動車検査事務所でナンバー登録をした後、
無事、納車する事が出来た。
御二人からは、恐縮するほどの、
手厚い御もてなしを受け、心から山形を堪能した。
とくに、今回案内していただいた、
長沼温泉は非常に効能があり驚いた。

飲んではいけないそうだが
お年寄りは、口をゆすいだりしている。
殺菌力が凄いのだそうだ。

番茶のような湯舟に1時間ほど入って
出てみると、かさかさにひび割れていた
手の甲がすべすべになり、皸も軽減して、
体に優しい事を体感した。
フォレスターXTの走行距離は約650キロ。平均燃費10.8キロと非常に良く
フォレスター専用にセッティングされたSIードライブの性能を改めて実感。

また、連続して長距離ドライブに使用したBL5とSH5の2台のクルマは、
いずれもシートに低反発クッションを採用していて、
その効能もしっかり体感できた。

特にB4については、レガシィはまだその素材の採用に踏み切っていないのにもかかわらず、
STIのこだわりで採用した経緯があり、
昔の車には良く付いていた「ランバーサポート」などと言う前時代的な装備は、
今後はもう必要なくなるなと直感した。


何の変哲も無いが、長時間座って走ると解る。
腰への負担が少ない。

展示場で

富士重工を語る前に_f0076731_13445950.jpg

上の画像の旧モデルSG5最終型シートと

富士重工を語る前に_f0076731_1346489.jpg

この画像の最新型を座り較べると、
少しだけだが、
新型のシートに座った時、どこも突出して強く当たる部分が無い・・・
という事に、気づくはずだ。

それに加え、
普通の人では、こんな経験は出来ないだろう。
だから、あえて書く。

この2ヶ月間
3月の月初に2OSで300キロ
半ばにB4 チューンドバイSTI 2007で1200キロ
下旬にSH5フォレスターで650キロ
4月8日S-GTで320キロ
そして締めくくりが15Sでのセントレア往復290キロ。


そこで感じた結論。
さりげない形状のシートのポテンシャルは、
思った以上に高い。
低反発クッションの効果は大きい、と言うことだった。

山形からの帰りは、電車を乗り継いだ。
妻に言わせると、
「てっチャン」と言う奴に相当するらしい。
何のことか良く解らないが。

富士重工を語る前に_f0076731_13501744.jpg

羽越本線から上越新幹線、長野新幹線、中央線と
4種類も電車に乗れた。
これは嬉しかった。
しかも高崎で30年ぶりに「だるま弁当」を食べた。

特に上越新幹線は快適だしインテリアセンスも抜群だった。
富士重工を語る前に_f0076731_13503566.jpg


そして4月に入り10日から大分に出張。
セントレア空港から16時10分に飛び立つ予定なのに、
仕事に押され、2時半まで会社のデスクに座っていた。
はっと気が付いて、降ろしたてのンプレッサ1.5 FFで空港に向け飛び出す。
中津川が恵まれていると思う事は、
高速道路を使えば、ドア・ツー・ドアで空港にいけるということだ。

富士重工を語る前に_f0076731_13511354.jpg

しかし、こういう緊急事態に
改めてインプレッサを運転してみて、その仕上がりのよさに驚愕した。
走りの性能は、1,5クラスのものではない。これをたくさん売ることが出来ない、
我々の能力を猛省しなければいけない。
そうのように当社のセールス大宮君に話したところ、

「イヤ社長、販売環境のせいっす!ハハハ」と軽くいなされた。
富士重工を語る前に_f0076731_13521565.jpg


これは後からお灸だ。

ところで、何故普通のインプレッサが凄かったた、と改めて思ったかというと、
大きな声で言えないが
この時間で出たら駄目だろうと、ちょっと乗れないことも覚悟して
空港に向かったが、
1時間で到着して、余裕で搭乗できた。
この要求に応えられた車が、ただの1500のFWDなのだ。

話は変わるが、
いつも飛行機に乗るときに気にしている事は
できるだけJALには乗りたくないということと、
どんな機材(エアークラフト)に出会えるかということを楽しみにしている。

今回はボーイング737 ダッシュ700という
ナイスな機材だった。
見た目も美しく、推力も安定していて非常に快適だった。


大分空港について、ビックリしたのは
富士重工を語る前に_f0076731_1358835.jpg

ホーバーと言う奴だ。

空港を降りて人ごみの流れに沿って歩いていくと
空のプールのような場所に、ウヨウヨと居た。
富士重工を語る前に_f0076731_13552514.jpg

ホバークラフトに乗るのは初めてだが
こんなに面白いとは。

富士重工を語る前に_f0076731_1355561.jpg
特に地上を走るときがユニーク。
船長さんの腕は、
まるでコリンマクレー。
深いドリフトアングルで、コーナーに進入する。
富士重工を語る前に_f0076731_1358442.jpg

※真横を向いているので自分の左側の窓から進行方向の海への出口が見えている。

放送で、
「ホーバーは、安全のために横向きに走ることがありますが、ご安心下さい」
と流れるが、安心どころかもっと大胆にやって欲しかった(笑)

このように大分に入り、博多から翌日戻る。

その大分に滞在中の深夜、
大宮君から電話が入る。

何だろうと、思ったら、「社長、SUBARUが軽自動車から撤退しちゃうらしいです」
と心細そうに言うではないか。
「そうか、そんな報道があったのか」と言うと
「社長、サンバーが無くなっちゃうかもしれないのに落ち着いてますね」と言うような事を言う。
それが、今回のニュースをはじめて聞いた瞬間だった。
正直なところ、「へぇー」とは思ったが、
「まさか」とは感じなかった。
そして、会社に戻ると、桜が満開だ。
富士重工を語る前に_f0076731_141477.jpg

例年なら、望桜荘の前にある桜の大木と
中仙道を隔てたすぐそばにある桜並木の、
富士重工を語る前に_f0076731_1412445.jpg

咲く時期が異なるのに、
なぜか、今年は揃って満開になった。

近くにあるのに、花の様子がも違う。
富士重工を語る前に_f0076731_1441412.jpg

これが望桜荘の桜。
小ぶりで、花の咲く前に赤みがかった葉が出現する。

それに対して
富士重工を語る前に_f0076731_1444843.jpg

桜並木の桜の花はこれだ。
花は一回り大きく、花びらの先端は割れている。

種族が異なるため樹の大きさも違う。
これまでは、気になっても手入れする事ができない場所だったが
これからは可愛がる事ができる。
桜に詳しい人から色々教えていただけると、とても嬉しい。

中津スバルのシンボルとして大切にしていきたい。
Commented at 2008-04-13 17:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2008-04-13 19:59
TOKUさん、コメント有難うございます。
SUBARUは4独以外のクルマを造ったことがありません。

今後についても、やろうと思えば踏襲できる気がしてます。

また、コメントくださいね。
Commented by SVX360 at 2008-04-14 10:12 x
私の他愛もないコメントに返事くださってありがとうございます。
実は、社会人になり3年、初めて自分のお金でクルマを買ったわけです。仕事柄、いろんな地域への異動もある可能性があるためAWDが購入の前提でした。
そこで、R1で始めた商談でしたがB4(2.0iアーバンではありますが)にいつの間にか魅せられ購入しました。

でも、この四独に・・・実は非常にハマりました。
たとえOEMになったとしてもコレだけは貫き通して欲しい!荒地での安定性、直進性が違いますよねぇ

ただ、エクシーガなども控えておりますので暗いことばかりではありませんよね。みんなが楽しめるSUBARUに期待です☆
Commented by b-faction at 2008-04-14 12:47
スバルの初めて作る多人数ワゴン(こういう言い方しかまだ出来ません)は、本当に楽しみです。
軽々と走ってくれるだろうと期待してます。
フォレスターの走りの進化から、ある程度予想できます。

サンバーの4独は絶対妥協できない「らしさ」ですよね。ダイハツの工場を使ってサンバー作ってもらうようにメーカーにお願いします。(笑)
Commented at 2008-04-16 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2008-04-21 19:36 x
フォレスターXT、快調です。
納車後3週間で既に3600kmを超過しました。
渋滞時若しくは市街地中心部以外はSモード基本ですが、
平均燃費計は11.6kmと表示されております。
ハイオク仕様ターボを買った時点である意味燃費は期待して
ませんでしたが、予想外に優秀ですね(笑
Commented by b-faction at 2008-04-22 16:10
TOKUさん、うっかりしている間に、せっかく貼り付けていただいたリンク先、なくなっていました。
先日守さんのところに御邪魔する時、震災地帯と表示された高速道路を通りましたが、もの凄いですね。
驚きました。

燃費は、マイルドチャージの効果でそうなるんではないでしょうか。
是非遊びに来て下さい。

Commented by b-faction at 2008-04-22 16:11
守さん、桜はきれいでしたか。
忙殺されており、
ブログアップもままなりません。
望桜荘
オープニングセレモニーまであと5日です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2008-04-13 13:22 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction