人気ブログランキング |

マリオ高野とレガシィS402

2008年8月2日の土曜日、
SUBARUの機関誌の一つである、
「SUBARUだより」の取材を受けた。

午前10時から富士重工の杉山部長代理や
広報関連部署からとびっきりの美人、
城さんそれにフェロールームのスタッフや、
フリーカメラマンの関根さんなど総勢8名来訪された。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_11325247.jpg
久し振りに望桜荘が華やいで、
愉しい時間を過ごす事が出来た。
美人が居るので、
当社の会長も絶好調だった。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_13084633.jpg
普段なら取材など見もしないのに、
この時だけは積極的に仕切ったね。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_13162252.jpg
だからお茶を入れたり、
気配り徹して裏方に回ったんだ。

早いもので、
この時から「干支」が一巡するんだ。

この日は他の取材がもう一つあり、
来訪を楽しみに待っていた。

その頃から取材が重なるようになり、
様々なシーンで活躍される方との出会いが、
いつも楽しみだった。

事前にSTIの事務方から連絡があり、
「清水 草一さんに師事する、見た目とはまるで違うユニークな男性を紹介したい」
と連絡があった。

清水さんとお会いした事は無いが、
モータージャーナリストとしての知見や、
MJブロンディというユニークなペンネームも持つ、
優秀な編集者としての側面を存じ上げていたので、
その男性の来訪を心待ちにしていた。

紹介された数日後、
「高野さんと言う方から電話です」と連絡を受けた。
電話を代わると驚くほど丁寧にご挨拶され、
中津スバルを取材したいと申し出を受けた。

最初の印象は物凄く大事だ。

実はその日の午前中の取材で、
正に「はらわたが煮えくり返る」事件が起きた。
富士重工の関連部署、
フェロールーム、
関根カメラマン以外に、
招かれざる客が自分の地位を理由に上がり込んで来た。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_13083118.jpg
不遜な態度を繰り返し、
暴言まで吐いたので、
表面上は一切顔に出さなかったが、
その取材記事全てをお蔵入りさせた。

取材陣8名の方には申し訳ない事をしたけれど、
ニコニコ笑いながら、
実は怒髪天であり、
その後は一触即発の状態だった。

取材陣が帰った後、
そろそろ陽が傾きかけた頃に、
その男性が現れた。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_11334048.jpg
これがマリオとの出会いだった。

ただ大変恥ずかしい事に、
彼の事をまだよく知らなかった。

既に「楽しい取材」で名を馳せ、
スバリストに人気急上昇中だった、
「マリオ高野さん」だと全く気付いたのは、
彼が東京へ帰った後だった。

マリオ高野とレガシィS402_f0076731_11343632.jpg
その取材姿勢は真摯であり、
熱心なスバリスト振りにも脱帽した。

不遜なオトコによる怒髪天が、
彼を見ているうちにどこかへ消し飛んだ。

心が洗われるとは、
正にこういう事を指すのだろう。

謙虚で非常に丁寧な取材姿勢は、
横柄に現れ現場をかき混ぜて帰った人物とは、
正に雲泥の差だった。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_11505977.jpg
彼はSTIから広報車を借り、
その取材も兼ねて現れたのだが、
そのクルマを見てビックリした。

その10日前の7月23日の水曜日、
八王子にある「東京スバル 大和田店」へ故障車を引き取りに行った。

その時、
店頭にこのS402が置いてあった。
まさか、
あのS402まで、
マリオと一緒に中津スバルに来るとは!

S402の優秀性は歴代のSシリーズの中で別格だ。
初対面の黒いS402に熱い視線を向けたので、
きっと惚れられたのだ。
そう思うと可愛らしくなった。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_11515048.jpg
そこでマリオに頼んで、
少しだけハンドルを握らせてもらった。
中津スバルでもS402を購入したが、
まだバリバリの新車ゆえ、
まだエンジンを3500rpmまでしか回していない。

それに対して、
この広報車は鞭を入れ続けられた。

マリオの様なスバリストではない、
数々の腕利きジャーナリスト達に、
蹂躙され続けて来たのだ。

それでもちょっとやそっとでは音を上げない。
STIのリリースするコンプリートカーは、
その辺のカスタマイズや改造車とは次元が違うからだ。

いつものコースで味見すると、
やはり酷使された様子が見て取れた。

少し痛々しいので、
まず丁寧に労わりながら10kmほど走り、
もう10kmくらい可愛がると、
漸くその本性を現した。
あの日の出会いは何もかも鮮烈だった。
マリオ高野とレガシィS402_f0076731_13084028.jpg
後々マリオが語るには、
署名を集めに来たそうだが、
その前の取材で「目からうろこが落ち」、
とてもでは無いが言い出せずに帰ったそうだ。

折を見て、
その思い出話も語りたいね。

2008年8月2日の書きかけ投稿を文章整合。

Commented by willy Jr at 2008-08-07 23:03 x
こんばんは。

今週から猛暑もぶり返し、セミもまた鳴きだしました。
先月のセミ塚?不思議ですネ。

私が初めて一人で運転したのが写真のアルシオーネ。
八ヶ岳で運転していいよと言われ、エアサスのHIGHにするとロールが少なくなりコーナーで踏ん張ってくれる、四駆の切替がワンタッチでオンオフでき...遊ばせて貰らいました。
航空機のコックピットをイメージしてアメリカでデザインされたと記憶しています。
懐かしい!(年齢がバレてしまう?(笑))

S402のインプレ、楽しみにしています。
Commented by toshi at 2008-08-08 12:16 x
インプレまもなくアップします。
ただ、イベントの準備と各種日常業務で手一杯ですので(笑)
水曜日は開田で温泉に入りリフレッシュ。
それもお楽しみに。御嶽明神牧場(知ってますか)へWRXで行ってきました。
不似合いなようで似合っていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-04-07 12:55 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction